オイルイン時の水性ジェルのタイプは界面活性剤に加え油分を少し配合してメイク落ちをよくしたもので、今市場にあるようなクレンジングジェルのほとんどがこれですですが、このタイプはしっかりした方法ができなければジェルに含まれているオイルの力が発揮できなくて、メイク落ちが低いです。

そして、オイルが入っているのにさっぱりした洗い上がり、肌へのやさしさメイク落ちのバランスが優れているといったことがメリット。

デメリットは使い方が間違えればメイク落ちが下がる、アルコール配合なら肌への刺激になってしまうのです。

そして、油性ジェルタイプはオイルをジェル状にしているクレンジング剤で、メイク落ちに優れていいて、オイルとおなじようにウォータープルーフのマスカラ、リキッドファンデーションも落ちます。

そして、クレンジングオイルと同じようメイク落ちが優れ、摩擦による肌の刺激がクレンジングオイルより小さいです。

しかし値段が高い、マツエクに使えないことが短所です。

そして、ほかのクレンジング剤と比較して水性ジェルタイプと油性ジェルを見ていくと、オイルフリー水性ジェルのものはマツエクにつかえるようなクレンジングのリキッドタイプ、ローションタイプと比較して摩擦による肌への刺激を一番抑えられて、マツエクをつけている方に便利です。 


この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら