ささくれは何があっても剥かない

できてしまったささくれですが、ついむいてしまうでしょう。

そしてむくなといわれてもどうすればいいのかといったことでなやんでいる方もいいでしょう。

そして、小さいのにとても厄介なのですが、まずささくれの部分をカットしてください。

間違っても引きちぎるようなことや割いたりするようなことはやめましょう。

そしてそのままにしておくとどうしても気になってむくようなことがあって、何かの拍子でめくれてしまって、血が出たりします。

ニッパーなどの道具などもありますが、普通の家庭にはないでしょうから、買わなくてもまゆ毛用のはさみでもいいでしょう。

かならず消毒液やアルコールではさみをきれいにして除菌してから利用してください。 めくれているところから菌が入るようなことで感染症が起きてしまいます。

なるべく根元から切ってください。 中途半端なら、ささくれが大きくなってしまう原因となるのです。

そして、ハンドクリームやワセリンでしっかりと保湿をして、もしもささくれのほかに手荒れがひどければ、有効成分が入っているクリームがいいでしょう。

ささくれを切ったら傷口から菌が入ってしまうことを防いでいくのに絆創膏をつけていき、貼るタイプなら、あらった時取れて細かい作業の邪魔になりますから液体絆創膏がいいでしょう。

薬局でも売られています。小さくて携帯に便利です。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら