手を洗ってみた後に水分が残っていれば自然乾燥するとき皮膚の水分まで一緒に蒸発してしまいますから、皮膚の乾燥がさらにひどくなってても荒れてくるでしょうが、手を洗った後水分が残らないようにしていくには、しっかりふくことによって手荒れを防げます。

肌が乾燥していると思ったときや水仕事の後保湿成分が入っているハンドクリームを塗ってみて皮膚を保護していくようにしてみればいいです。

そして、ハンドクリームはいろいろなものがありますが、なるべく刺激がなくて、肌にあった物を使いましょう。

そして無香料や弱酸性で肌の弱い方であっても安心のハンドクリームがいいですが、手以外に顔や全身に使えるものがいいです。

そしてお湯で顔などに洗ってみれば、肌がかさついてきて突っ張ってしまうことがありますが、それは皮膚の表面を保護している皮脂が落ちるからです。

そして、皮脂が落ちてくると手荒れがひどくなってきますから、なるべく水かぬるま湯を利用して行けばいいです。 

洗濯のときゴム手袋などをして手を守っていきましょう。

ですがゴム手袋はまれにアレルギー皮膚炎の原因になってしまいますから、注意しましょう。 

手荒れがひどい方は、薄い綿の手袋をしてみてからゴム手袋をしてみればいいでしょう。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら