そもそもオーガニックは農薬などを使わないものを指し、化学肥料、農薬の使用を控えることで、汚染から守って安全委健康的になっていくにはオーガニック製品の拡大が大事。


オーガニックは日本語で有機。

食料栽培で、単純に農薬を使ってない有機栽培というだけではオーガニックと認められず、国際基準を持った第三機関の認証が必要となります。

オーガニックと名をつけるために生産者の大変な努力があってこそ高い基準をクリアし、世に出せるわけです。

でも実際農薬を使っていたり基準にクリアしてなくても販売されているものがあって、生産物の保管、運搬でも何かに汚染される心配もあります。

反対に第三機関が認めている製品は審査の上オーガニックとしての表示を許可されていて、そうしたトラブルを防いでいます。

有機JASマークは認定業者による格付けマークであり、日本も義務付けられていて、これがないとオーガニックといった名前を付けることができません。

オーガニック、勇気という言葉は体にいいといったイメージがわいてきますが、本当にオーガニック化を見分けることは大事。

パッケージや名前に騙されないで、マークがあるかなど注意しておきましょう。

農薬、化学肥料、点被るといった体にW類物があるものはなるべく避けたいですが、少量なら体に害する確率は低いですが、添加物などで不調が起きてしまうことも⁰ではありません。

そのためオーガニック製品を取り入れることは、身体のトラブル防止に役立てられます。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら