記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
冬があけても増えた体重が元に戻らない…なんてお悩みの方がいらっしゃるのではないでしょうか?

その原因を、医師に聞いてみました。

Q1. 春むくみは、どのような症状なのでしょうか?

冬の生活での運動不足、蓄積したむくみは、春特有の環境下で「春むくみ」としてあらわれてきます。冬場に体重が増えて戻らない原因として、春むくみが考えられます。

Q2. 原因は何が考えられますか?

春先は日ごとの気温差が大きいだけでなく、昼夜の気温差も大きいのです。暖かいからといって薄手の春物にしてしまうと、身体は冷えを感じて交感神経にスイッチし、血のめぐりが悪くなります。そのためむくみやすくなるのです。また、冬場の運動不足も大きな原因です。

Q3. 体型にどのような影響があるのでしょうか?

むくみの原因は血漿(けっしょう)という体の水分が血管の外に出てくることで起こりますがで、重力によって足に集まる傾向があります。そのため一番むくみやすいのは足、おしりです。

Q4. 予防策などあれば教えてください。

身体を冷やさないことが大切です。暖かくなったからといって、すぐ薄着になるのは禁物です。カーディガンなど羽織物を活用しましょう。

≪最近身体の冷えが気になる…≫
身体の冷えはダイエットの敵!【冷え性】診断

Q5:解消法などあれば教えてください。

38~40度のぬるめのお湯に入浴すると効果的です。入浴時間は15分程度が良いとされています。湯船の中でゆったりストレッチもいいですね。
また、少し汗ばむ程度の運動も心がけましょう。ウォーキングか、外に出る時間がない場合はラジオ体操がおすすめです。

入浴後、運動後は体を冷やさないようにしましょう。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス