陽光学苑で教えてもらった、失ったものが戻ってくるという「のぞみが崎」。
空き時間ができた恭子(綾瀬はるか)と友彦(三浦春馬)はその海辺へ行ってみる。

そこで偶然にも、友彦からもらい、恭子がなくしてしまったものと同じCDを見つける。
その帰りがけに、運命を受け入れ、期待したくないと考える恭子に友彦はこう言った。

「俺さ、夢って叶わなくてもいいんじゃないかって思うんだよ。

(中略)

夢って、どうも、叶うから持つものじゃないっていうか、
叶うか叶わないか分かんないけど持つわけで…。
持ってることがたぶん幸せなことで…。
その、だったら、俺たちも持ってた方がいいんじゃないかなって。

(土井友彦「わたしを離さないで」第5話より)

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス