2016年米大統領選挙の共和党候補者指名争いで支持率トップのドナルド・トランプ氏。これまでも通商問題で日本や中国に対する強硬姿勢を見せてきた同氏が、今度は日米安全保障条約をやり玉に挙げるなど、米国が負担するコストやリスクを問題視し支持者を“扇動”し始めた。

《ドナルド・トランプ氏》

全米にホテルやカジノ、ゴルフ場などを保有するなど不動産開発などに成功した富豪。2016年11月の米大統領選の共和党候補。大統領選挙の公約としてメキシコからの不法移民を強制送還する方針を打ち出しており、その言動が連日、注目を集めている。共和党の他の候補は、トランプ氏の発言による党のイメージ低下に懸念を示している。同氏は過去20年以上にもわたって何度も出馬の意思をちらつかせていた。

ドナルド・トランプ氏が所有するホテルのPRのため来日し記者会見した。

日本のホテルや不動産を買収については「東京は地価が高いと聞いているが、なぜそんなに高いのか理解できない。高地価の東京で不動産を買収するのは愚かなことだと思う」と語った=東京都千代田区で1990年2月9日、渡部聡撮影

26年前に来日「米国は強い政治を」(1990年2月10日朝刊から)

この記事を書いたユーザー

仮面ライター爽哉 このユーザーの他の記事を見る

澄みきった空の下、陽の光が降り注ぐガーデン。
様々なジャンルを取り上げていきます。
どうぞ、御愛嬌ください(#^.^#)

得意ジャンル
  • 音楽
  • 動物
  • スポーツ
  • 料理
  • 恋愛
  • ファッション

権利侵害申告はこちら