*母が死んだ時父は私を煙突掃除夫に売った*煙突掃除、スス掃除、とやっといえる年頃だった。来る日も来る日も煙突の中を上り下りしてスス掃除をした。夜、ススにまみれて眠り夢をみた。何十人もの仲間、一緒に働いていて、急にいなくなった者たちも、その時、みんな戻っていて一緒に眠っていた。ひとり残らず真っ黒な棺の中で。

十八世紀のイギリスはひどい国だったようです。現在のアムネスティ・インターナショナルならなんというでしょう。それはともかく、煤煙によるタールが発がん物質第一号に認定されたのはこのころだそうです。

産業革命で経済は大発展しましたが、ロンドンではどの家も石炭を焚きまくり、居間の暖炉も台所のキッチン・ストーブも石炭を焚いてすすまみれの時代だったそうです。ススの成分、コールタールによる(肺ガン)が煙突掃除夫と配下の年季奉公の少年達に大発生したのでようやく社会問題になったのです。詳細は省きますが、発ガン物質として発見され認定された第一号がコールタールだったということです。

現在は喫煙によるターで、喫煙者の喉・気管支・肺臓は、十八世紀のロンドンの家々の、暖炉や煙突の中のように、真っ黒に汚染していると警告されています。摂取量はそれほど過剰なはずはないと思われがちですが、長年にわたるものなので発ガン物質の堆積量は煙突掃除少年達が数年生きて摂取したものに、劣るものではないということです。

長年の喫煙者、禁煙して一年以内の人には、肺の清掃を薦めるヨガ教室があります。禁煙しても3年間はまだ肺ガンのハイリスク期間だそうです。内蔵にこびりついたタールは真っ黒で消えていません、細胞の新陳代謝でリニューアルするのに数年かかるそうです。

ヨガ式の結跏趺坐(あぐら)で座り、腹式呼吸を毎日2-30分繰り返すと肺の清掃になるそうです。肺の中の汚れが悪臭となって出てきて、六畳の部屋が煙管(きせる)の中みたいに強烈なタール臭で満たされ、汚染が実感できるそうです。繰り返していると、次第に、呼吸から喫煙臭気がなくなるといいます。天国への DETOUR になるそうです。

次回は
性同一性障害、(GID)Gender Identity Disorder 直訳すると 性別認識障害 性別の誤認識。女性魂が男性体/男性魂が女性体に、間違って入った(いれられた)、と本気で思っている人が沢山いるのです。不可思議なことがまだまだあります。

天国へ(Detour)まわり道・・

この記事を書いたユーザー

まじ 東風 このユーザーの他の記事を見る

八ヶ岳南麓に隠棲。世事にまだ興味深々。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら