今、アイドル界隈を中心に注目を集めいている二人組をご存知でしょうか?

生ハムと焼うどん

出典 http://namaudon.tokyo

「生ハムと焼うどん」は同じ高校の同級生同士である西井と東によって結成された、現役女子高生(JK)ユニット。
ユニット名の由来はお互いの好きな食べ物から、 西井の好きな”生ハム”と東が好きな”焼うどん”を合わせて”生ハムと焼うどん”と名付けられた。

出典 http://namaudon.tokyo

彼女達が「普通じゃない」理由

注目すべきは、事務所にも所属せず楽曲制作からマネージメントまで全て彼女達のセルフプロデュースながら、本格的な活動から僅か1年で去年の10月には300人、先日3月2日には赤坂ブリッツで1000人のワンマンに成功という驚異的な成長を、流通に乗ったCD販売等を未だ行ってもいないのにも関わらず見せているところにあります。
その勢いは、ライブDVDの制作費の為のクラウドファンディングで、目標金額の100万円を大きくを上回る、約300万円もの資金集めにも成功した事で証明されます。

ライブにおいてMCは無く、その代わりに「寸劇」を挟む事でパフォーマンスが行われます。
その内容は、ファンをステージに上げて巻き込むえげつない程のヲタ弄りから、メタ視点でアイドルをアイロニックに演じる事まで、あなたが考えうる「アイドルがやっちゃいけないヒドい事(褒め言葉)」の、斜め上をケロッとまたいで笑いを誘います。
そんなどうしようもない内容(褒め言葉)ながら、時折見せる真に迫る演技には眼を見張るものがあります。

出典 YouTube

ライブを支える楽曲は全て東さんが作詞作曲を手がけており、そのキャッチーさや独特なポエジーの詩世界には、果てしない才能の片鱗を垣間見るとともに、食いしん坊(※)としては一刻もはやく楽曲の販売が待ち望まれる次第です。
※「生ハムと焼うどん」ファンの総称

JKからJKへ

そんな彼女達も2016年3月9日を以って高校を卒業します。
(J)女子(K)高生から、(J)常識を(K)覆すユニットとして進化する彼女達に待ち受けるものとして、今年の10月21日に都内ホールで3000人キャパのワンマンライブを行う事が発表されました。

事務所のバックアップや潤沢な資金でのプロモーションなど無く、「考えられること全てやった」として1000人の観客を集めた二人の姿には、生きていく上で自ずと諦めやブレーキを設けてしまっている生活を省みて、勇気付けられた人も少なくない事でしょう。
今、彼女達を中心として「何か凄い事が起きそう」というワクワクが渦巻いている中、そこに巻き込まれるのに、今からでも全然遅くはありません。

この記事を書いたユーザー

木佐貫ルモーネ このユーザーの他の記事を見る

ちょっぴり生意気で、中身は子供、体は大人。音楽を肴に夜な夜な煙を燻らします。

得意ジャンル
  • 音楽
  • インターネット

権利侵害申告はこちら