鋭い目線でこちらをジッとみるネコちゃんがいます。このネコの名前は小雪ちゃん。9歳のスコティッシュ・ホールドという種類のネコです。彼女はインスタグラムで35000、ツイッタ―で44000のフォロワーを抱える大人気ネコなんです。


なにアップで撮ってんのよ!

ちょっと近すぎですよね。すみません。

小雪と申します!

ご丁寧に・・・

箱の中は落ち着くわ

いつもピリピリしてますもんね。

だから、なに?

いえいえ、どうぞご自由に。

文句あるの?

いえいえ、何もないです!

喉が乾いたのよ!

どうぞたっぷり、お飲みください!

いないいないばー!

突然、驚くじゃないですか!?

ちょと反省・・・

どうされました!?

何時まで寝てるのよ!

あら、そこにいらしたのですね。

隠れて見てたのに・・・

寂しくなられたのですか?

どこに入れるのよ!?

落ち着いたでしょう?

も~う、これ以上、私の変な顔撮らないで!

いや、お美しいです!

お薬の時間!

ちょっと、この薬おいしいじゃない?

だるいのよ~!

お疲れですね。

寝る!

いい夢を見てください!

スコティッシュフォールドは、イギリスのスコットランドに起源がある描種です。スコティッシュフォールドという名前は「スコットランドの折りたたまれたもの」という意味です。見た目の特徴が名前に反映されているのです。

出典 http://pepy.jp

イギリス生まれの猫種なんですね。どうりで英国王朝の雰囲気が小雪ちゃんにはあります。

スコティッシュフォールドの性格はおっとりとしており、穏やかです。滅多に感情を表に出しません。飼い主以外の人間に対しても人見知りせず、人懐っこいですよ。運動が嫌いというわけではないのですが、他の猫と比べて運動量は少なく、激しく遊ぶことは少ないです。

出典 http://pepy.jp

それで、小雪ちゃんもおっとりしているのですね。

思わず敬語を使いたくなるほど、威風堂々としている小雪ちゃん。その怒った顔と貫禄ある風情に気品も備わっています。でも、飼い主さんには甘えたり無防備になったり、そのお顔との落差が堪りません。

小雪ちゃんの怒った顔って、いつまでも見ていたくなるから不思議です。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス