この部分は、正に
鳥居龍蔵の
知られざる経歴である。

これを知らずして
鳥居龍蔵を知ることはできない:

1930年代後半、
世界は戦争で揺れる。

日中戦争のさなか、
北京にある「アメリカ領土」

清王朝から買い取った
美しき王朝庭園 にある
「ハーバード燕京学園」。

そこに
「ハーバード燕京研究所」
アメリカのアジア研究最高機関、


「ハーバード燕京大学」
ハーバード大学の姉妹校、
がある。

日中戦争さなかでも
ここは「アメリカ」

ジャズと英語が飛び交う
平和な別世界。

・・・・・・・・・・・

ハーバードは
ハーバード燕京研究所の
アジア研究要員として、
鳥居龍蔵を指名スカウトした。

軍国が進み、
学問の自由がなくなった日本

息苦しさを感じた龍蔵は
そのスカウトに応じ、
研究の場をこの「アメリカ領」移した。

・・・・・・・・・・・

実は、その間
日本軍部は、ハーバードに対し
多数の日本「国粋派学者」を
多数回推薦したが
ことごとく却下された。

ハーバードが自らスカウトしたのは
軍部に推薦されない
「純学者」の鳥居龍蔵だった。

太平洋戦争直前のアメリカ
日本の学者の一人一人
その素性人柄・学説
戦争とのかかわりなど
怖いほど全て掌握していた。

その徹底した情報のもと
権力にこびることなく
学問一筋の龍蔵を選んだ。

このことは、すなわち
アメリカの
鳥居龍蔵への評価である。

この段階で すでに
世界の鳥居龍蔵が、世界から
「純学者」として
最高な評価を受けたのだ。

・・・・・・・・・・

龍蔵のこの部分の経歴を知らず
でっち上げしたり、暴言を吐いたり
の「学会日本人」もいるが、
先ず必要なのは、事実の勉強では?

龍蔵のこの部分の経歴を見ても
「世界の鳥居龍蔵」 の理解者は
日本よりも世界?

喜ぶべきか?悲しむべきか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この記事を書いたユーザー

ホタル このユーザーの他の記事を見る

なんでも?新鮮!ちょっとのことでわくわく喜びます。気持ちは子供の時と一緒!だから、毎日が楽しい!
道端の花草を見ても感動し、野良ちゃんたちに会うと挨拶を交わす。したことのない仕事にも飛びつき、楽しむ!もっともっと広い世界に出会ってゆきたい!どうぞお力を貸してくださいませ!

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ
  • ニュース
  • 社会問題
  • インターネット
  • 広告
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら