しごとで目がつかれてしまうのは多くの方が経験済み。

目が痛い、思い等ありますが、ほとんどは休憩、酢医院をとることで治せます。

目に関しての症状は、休憩、睡眠で回復できるのは疲れ目。

休憩、睡眠をとっても治らないのを眼精疲労と呼び、頑固な目の疲れが続くとき、疲れ目でなく眼精疲労と思われます。

眼精疲労には頭痛以外に症状があり、目の症状だと、目の疲れや重さ、痛み充血。
目のぼやけ、カスミ、ショボつき。

そして眼精疲労は体にも症状が出るので、頭痛・倦怠感・肩こり・めまい・吐き気などがあります。

頭痛など症状が睡眠をとっても続く点が眼精疲労の特徴で、これが続くことで病状が悪化してくることも。

そして単なる疲れと思っていたら背後には何かしらの病気がある場合もあり。

眼精疲労は精神的、環境的要因からのことが多くて、基本その要因を外せば改善できます。

そうではない時、何らかの病気になっている傾向があり、近視、乱視などは眼精疲労の原因の典型。

急速な老眼は、眼精疲労と思っていいです。

そしてドライアイも眼精疲労の要因で、パソコン、スマホが普及してドライアイに悩む方が増えてます。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら