自身、バランスが大きく見れば、バランスがとれていると思います。

効率の悪いことをして、報われない!という中で、それは自業自得というところと、その効率の悪さはどういう意味を為すか?



ということが、きちんと明確に答えられるのであれば、それは一考に当たると思います。



逆に、効率の良いことをする中で、センスがいいとも思いますが、それしか続けない中で、その裏が、脆くなっていくことの意味も一考もあると思います。





そういう風に、両面において、それぞれを考慮してる中で、そのポジションがバランスがいいとも思っています。



その中で、その賢者でいることが、時々嫌になるので、それを安全に壊す。

それが芸術的であると、そういう視点でも考えています。



この記事を書いたユーザー

SATOSHI このユーザーの他の記事を見る

紆余曲折の人生 多様性のあり方 バランス力 


法政大学卒 大手一部企業 音楽活動  長期入院 ボイストレーニング

得意ジャンル
  • 音楽
  • 社会問題
  • スポーツ
  • テレビ
  • カルチャー
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら