ドライアイ検査法

ドライアイの検査法はいろいろありますが、一般的な方法として紹介。

問診 これはドライアイの原因を探すため目の症状や環境、習慣など利かれます。

症状はどうかなど詳しくこたえられるようにしましょう。

睡眠不足、ストレス、コンタクトレンズの着用、エアコンの使用など日常生活の様子、目の状態を照らし合わせ診断。

シェーグレン症候群などドライアイ以外の病気がないかどうか、今服用してる薬なども重要なポイント。

視力検査では視力の状態でドライアイ以外に、他の疾患がないか探るため視力検査がされます。

ドライアイは目の表面い傷つくことがあり、点眼すると角膜の傷部分が染まる薬を使って表面に異常がないか調べます。

シルマー試験はろ紙を利用して、涙がうまく分泌されてるかどうか調べます。

メモリがついてるろ紙を5分目蓋に挟んで、どれぐらいの長さ塗れるかで測ります。

正常なら10ミリ以上、5ミリ以下ならドライアイ。

BUT(TearBreak UpTime)
涙量の減少以外に、涙の質の低下もドライアイの原因。

BUT検査は、涙の質を調べるもので、瞬きしない状況で表面が乾くのにどれぐらいかかるか調べます。

瞬き後均一に角膜表面を覆う涙の膜が壊れ、角膜露出するまでの時間を計って、この時間をBUTと呼びます。

正常なら10秒以上、5秒以下はドライアイの可能性。

ストレスが多いときの対策

自律神経は消化器、呼吸器、循環器など生きるため必要な活動をする機関の働きをつかさどる神経で、これには心身を活動させる交感神経、心身を休ませる副交感神経の2種類のもので成り立ち、交感神経は昼間働いて、副交感神経は夜寝るとき、リラックスしてるときに働きます。

この2つがバランスとり、昼、夜でうまく切り替えることにより、厚保どうしてうR体、脳が安めて、健康が保たれます。

このバランスを崩す原因はストレス、不規則な生活。

悩み、不安を抱えたり、身体がつかれて居たりなどストレスがあれば、交感神経が興奮した状態となり、そうなれば副交感神経の切り替えがうまくできなくて、自律神経が崩れます。

ドライアイは、涙量の減少、涙の質低下で目表面に傷がついて、目が乾く、遺体、ごろつくなど症状が起きるもの。

そのためストレスによる涙分泌量減少は、ドライアイの原因とされます。

ストレスがこの原因になっても、そうした生活から排除するのは難しく、以下に注意してください。

瞬きは涙分泌を促す刺激となって、涙を目の表面いいきわたらせる効果もあって、ドライアイ予防や対策に大事。

意識して瞬き回数を増やすようにしてください。

ストレスで涙分泌量が少なくなっていて、コンタクトをすると、目に負担がかかり、ストレスを感じてるときレンズは使わないでください。

涙の分泌量が減ることで目が乾きやすくなり、目薬で目を潤わせ、加湿器で部屋湿度を保つなどし乾燥を防いでください。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら