女性が社会に進出したといっても、まだまだ女性に厳しい世の中です。

妊娠した時【これが現実なのか…】と実感する人が多い
のではないでしょうか?

意地でも職場復帰します!

私が産休・育休取得者第一号なんです!
必ず復帰しないと、これから結婚して出産していく後輩の道ができません!

そう言って復職した人がいました。かれこれ3年ほど前の話ですが彼女は今でも現役で働いています。

昨年顔見知りになったママさんも「後輩のためにも復職しないと・・・」と言ってました。
これだけ社会に女性が出ているにも関わらず、職場では育児休暇を取っている人がいない又は少数というのが現実。

システムはあるけど「使った人はいません。」なんて会社もあるようで、なんとも変な話です。

子供を産んだら、会社をやめる方向に誘導された

出産して育児休暇も終わり、いざ復職したら
「最初は時短と話したけど、事情が変わった。」と一方的な理由で勤務時間が変更。

保育園のお迎えに間に合わなくなるので時間を短めにしてほしいと頼んだら
「無理だから、そちらで何とか調整して。」の一点張り。
何度か話し合ったが平行線のまま、退職の方向に誘導された。

これは実際にあった話です。ひどい話だ!と思いましたが似たようなことはたくさんあるようです。

責任ある立場から外された。
急に移動になり未経験の部署に行かされた。
帰宅が遅くなるのを分かっていて強引なシフトを組まれた。
子供が熱を出して早退したら翌日から上司の態度が激変し口をきいてもらえない。

ざっと書きましたが実際に筆者の周りであったことです。

中には結婚を報告したら「小さな子供がいると熱が出たり行事で休むから、妊娠したら退職してほしい。」と言われた人もいます。
実際にこんなことをいう人がいるのも驚きでしたが、言った人が女性だというのも驚きでした。

出産すると退職しないとならない現実 これ何とかなりませんか?

この記事を書いたユーザー

めぐ このユーザーの他の記事を見る

現在は専業主婦してます。

得意ジャンル
  • 育児
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス