ビキニラインの黒ずみ

ビキニラインの黒ずみは他人に相談できない悩みでしょう。

ビキニラインの黒ずみは、複数あります。

肌は刺激を受ければ防御反応でメラニンを生成、ターンオーバーを早め角質層を厚くします。
ビキニラインは下着のゴムのところに常に触れていたり、ジーンスなど履いていればこすれるなど摩擦による刺激がある場所。

摩擦による色素沈着は摩擦黒皮症と呼ばれてシミが深いところで発生、色素が定着しますから、直すのに時間がかかります。

そして角質層が厚くなることを過角化と呼びますが、これが出てくると、角質でくすんで着たり黒ずみます。

したぎは肌触りがいい天然素材のを選んでみたり、なるべくぴったりしたものを避けておきましょう。

ランニング、自転車に乗る時など、足を動かす動作のときビキニラインが摩擦による刺激を受けにくい服を使ってください。

肌に炎症が起きればその部分に色素沈着があったりします。
ニキビ跡の色素沈着は炎症が原因。

ビキニラインは汗、織物、生理用ナプキンやムダ毛処理などにより炎症が発生。

かぶれでかゆみがあればついかいてしまったりしますが、そうすると炎症を悪化させたり、刺激で色素沈着が起きますから、薬をうまく利用して抑えてください。

妊娠などによる黒ずみ

アンダーヘアをかみそりで剃れば肌がかみそりで刺激されて、過角化、色素沈着が起きたりします。

脱毛、毛抜き、ワックスで引き抜くようなことをすれば、雑菌が入って毛嚢炎ができたりします。

こうしたビキニラインに肌トラブルが起きたときには、自己流ケアで悪化させる前にドクターに相談してください。

妊娠、出産、生理不順など女性ホルモンバランスの乱れ、変化で、ビキニラインや顔、身体に色素沈着が起きることがあります。

妊娠や出産による黒ずみは出産後ホルモン分泌が元の状態に戻ると、沈着が治り、黒ずみもきえてきて、心配いりません。

生理不順による沈着があれば、基礎体温をつけて、何かあれば婦人科を受診してください。

ビキニラインの黒ずみ解消には、まず摩擦、セルフ脱毛による摩擦を避けることが大事。
そのうえで体の色素沈着やざらついた肌を治す効果があるローション、オイルなどを根気よく使用しましょう。

ですが、すぐに黒ずみ解消したいときにはクリニックで治療を受けてみればホームケアより早く治せるでしょう。

ビキニラインの黒ずみは外用薬の処方で治せます。

漂泊効果があって、メラニン生成にかかわるチロシナーゼを抑制するハイドロキノン、ターンオーバーを促してくれるとレチノインなど外用薬を塗ってみることで改善。

また内服薬では抗酸化作用が強くて、シミなど治療に使われてるビタミンc、ビタミンE、トラネキサム酸など内服薬をとって内側から黒ずみ解消する治療。

黒ずみにもさまざまな原因があって、しっかり原因を突き止め対処が必要。
原因、対処法がわからない時自己流ケアで悪化させる前に皮膚科へ受診を。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら