記事提供 がんばれ熊さん

羨ましいのか気の毒なのか?

時折見かけるのが飲み会などの席で、やたらに彼女や奥さんから電話がかかってくる男性の姿です。

「どこに居るの?」
「誰と飲んでるの?」
「いつ帰ってくるの?」

この手の電話に男性は「もう、めんどくさいなー」とうんざりしていることが多いのですが、私には羨ましいと感じるのです。

束縛してくる女性と付き合ったことがないので、束縛されている男性を見ると羨ましいのです。しかし、これを気の毒だなと思う人もいるようで、その受け止め方は人それぞれなのでしょう。

さらに、状況によっては周りの怒りを大きく買うこともあることを知った出来事があります。

頻繁に彼女と連絡をする小池さん(仮名)

出典私のイラスト

工事現場の職人をしていた21歳の時の出来事です。仕事が終わり、職人仲間とみんなで夜の街に繰り出しました。飲み屋でみんなでワイワイしていたのですが、26歳の小池さん(仮名)が「ちょっとすみません、すぐに戻りますから」と席を外しました。

小池さんは最近彼女が出来たばかりでした。

その彼女が心配をしてメールをしてきているようでした。恐らく、男同士で夜の街に遊びに行くということは女性のいる店に行くのではないかと、彼女は心配をしていたのだと思います。

なので、小池さんはそのメールのたびに彼女に電話をして大丈夫だということを伝えていたのです。しかし、それが3回ほど続いた時に茄子先輩(仮名)が小池さんに怒りだしたのでした。

場が凍りつきました。

出典私のイラスト

それまで、笑顔で楽しそうにしていた茄子さんが大きな声で怒ったのです。

「お前いい加減にしろよ。お前、みんなと楽しくやってる時に何してるねん?そんなに電話する必要ないやろ?」「で・・・でも電話しないと彼女が怒るんです」小さな声でつぶやく小池さん。

「そんなもんお前が信用されてないだけやんか。場をしらけさせてるねん。お前次に電話したらしばくぞ」「す・・・すみません。彼女を説得しますから最後にもう一度だけ」「お前帰れ」

5人ほどいた職人仲間たちは、みんな静まりかえりました。

茄子さんは職人として、かなりの実力者で茄子さんに嫌われたらおしまいという雰囲気があったからです。結局その日、小池さんは帰らずに私たちに付き合ったのです。彼女に電話をしたのかどうかは分かりません。私たちに隠れて電話していたかもしれませんが、帰れと言われて帰ったら今後の仕事に影響があるということで帰らなかったのだと思います。

その後、私たちと夜の街に遊びに行くことがなくなった小池さんはしばらくして、彼女と結婚をすることになりました。そこで結婚式に職場の人達が招待されました。私も招待されました。茄子さんも招待されたのですが・・・・・

まさかの結婚式の出席辞退

出典私のイラスト

「絶対に行かへんで」理由を聞くと・・・

「あいつのことが嫌いやから」とんでもない理由だと思いました。しかし私たちが行くことには賛成も反対もしてなかったので茄子さん以外の招待されたみんなは、行くことにしました。

小池さんは茄子さんが来なかった事を残念がりました。仕事の上で大変世話になっていたからです。もちろん茄子さんが小池さんの事を「嫌い」と言っていたことは伏せました。その結婚式の二次会でのことです。

抽選が行われ、私にあるものが当たりました。小池さんの愛の巣でのディナー券です。それを持って行くと、新婦さんの愛情たっぷりの手料理が食べられるんだそうです。そして私は新婦さんに「是非食べに来てくださいね」と言われたのです。

これには戸惑いました。

出典私のイラスト

その後、私はどうしようか悩みました。

行こうか、行くまいか?興味はあるのですが、二人の愛の巣に一人で行くのは、ためらいがあったのです。そうこう悩んでいる間に有効期限の半年は過ぎ去りました。残念なことです。行っておけばもっと話のネタが出来たのに・・・。

この出来事で、女性との付き合いに関して大きく考えさせられました。茄子さんは仕事上、とても尊敬出来る先輩です。しかし納得がいかなかったのです。そんなに怒ることもないだろうと言うことです。小池さんは恐らく私と同じで女性にもてなかったと思うのです。初めての彼女です。私は羨ましかったのです。

女性と付き合ったことがない私はとにかく愛が欲しかったのです。

別に美人じゃなくていいんです。スタイルが良くなくてもいいんです。何故なら、もてたことがないから、女性の愛を受け止めたことがなかったから、見た目よりも愛を優先させたかったのです。だから、付き合う最も大きな条件は、自分のことを好きになってくれるかどうかでした。

人生で一番最初に好きになってくれた女性の愛を全力で受け止めようと思っていたのです。選べる立場でない自分を認めているようで、なんとなく情けなかったのですが、それでも出会った縁というものを最大限に受け止める気持ちがあったのです。

恐らく小池さんも同じタイプだったと思うのです。

だからもし私が小池さんと同じ立場だったら同じように連絡を頻繁にしていたと思うのです。今までもてなかった自分を愛してくれる女性がいる。この女性を逃したらもう二度とチャンスはないかもしれない。男同士で夜の街に遊びに行くことを心配してくれている彼女を裏切るわけにはいかないのです。

しかし、茄子さんは「それじゃ駄目だ」と言ったのです

男同士の付き合いを邪魔するような女は、ろくなもんじゃないという考えなのでした。その当時、彼女はいなかった私は思いました。自分に彼女が出来たらどうしよう?その彼女がとてもやきもち焼きで、男同士の付き合い中、頻繁にメールをしてきたらどうしよう?しかし人生で、その様な女性とお付き合いする事がなかった私。

あの心配は何だったんだろうと嘆く私。先輩方から頂いた教訓を生かせなかった私。せめて記事にすることで誰かの教訓になれればと思うばかりです。

最後までお読み頂き有難うございます。私のブログ「がんばれ熊さん」も是非見に来ていただければ嬉しいです。
↓  ↓   ↓

この記事を書いたユーザー

ロバート・熊 このユーザーの他の記事を見る

spotlight公式プラチナライター。食品スーパーの店員ならではの記事を楽しんでいただければと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス