あなたの会社 通勤交通費は全額支給ですか。

Licensed by gettyimages ®

現在は正社員でも交通費の一部負担をする企業が中小企業・ベンチャー企業を中心に発生しています。そんな中、特に「非正規雇用」と呼ばれる派遣社員の「交通費の問題」が大きく取り上げられています。

「交通費は月10万円までは非課税」というのが原則です。ふつうの会社員の場合、会社側がその規則に基づいて所得税などを算出しています。しかし、交通費が支給されない派遣社員の場合はそうではありません。ここに、ちょっとした落とし穴があるのです。損をしないために理解していきましょう。

出典 http://careerpark.jp

本来であれば非課税のはずの交通費を、非正規雇用の状態で支払うのは容易なことではありません。特に月の交通費が1万円を超えるような方は「出費が辛い」と考える方も多いことでしょう。

そんな時は、このような手段を考えましょう。

派遣会社を変更する。

Licensed by gettyimages ®

少数派ではありますが、派遣会社でも一定の交通費を支給する企業があります。「一律2万円まで」「案件によって相談可能」など、企業によって条件が異なりますが、「今の派遣会社でなくてもいいから交通費が欲しい」という方は、別の派遣会社に登録することも良いでしょう。

派遣会社から「通勤交通費証明書」を発行してもらう。

Licensed by gettyimages ®

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、このような制度があることを知っておくと良いでしょう。

派遣社員の時給に交通費が含まれている場合で、且つ交通費も含まれた金額が課税されている場合は、確定申告をすれば還付請求ができます。派遣会社から「通勤交通費証明書」を発行してもらい、時給に交通費が含まれているという書類を添付するのです。
確実に還付されるかは一概にいえないのですが、何もせずに損するよりも有効な手段といえます。ですので、確定申告による還付請求をする場合にはまず、派遣会社から「通勤交通費証明書」を発行してもらいましょう。

出典 http://careerpark.jp

100%還付されます。とは言い切れませんが、やってみる価値はあります。これから派遣会社に登録をするという方は、「通勤交通費証明書」を発行してもらえるかどうか、きちんと確認しておくことをおすすめします。こだわりがあって、交通費が出ない企業でも仕事がしたい!という方は別ですが、生活に直結するお金を少しでも節約したいという方は、知っておくと良いでしょう。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス