日本で居るときはあまり耳にしなかったような気がする「国際女性デー」ですが、こちらイタリアではとてもメジャーなイベントとなっています。

イタリアでは3月8日はFesta delle Donne(フェスタ・デッレ・ドンネ)=女性の日で、シンボルでもあるとてもかわいいミモザのお花が女性に贈られ、町もミモザの黄色で鮮やかに彩られます。レストランでは、黄色のサフランやカレー粉などのメニューが提供されたりもするんですよ。

日本ではあまりメジャーじゃないこの国際女性デー。男性から大切な奥様、彼女や女友達へ贈られる場合も、そしてもちろん女性同士でもOK!今年はとっても色鮮やかで可愛いミモザのお花を贈ってみませんか!?

起源はアメリカの女性労働者から。

1904年3月8日にアメリカ合衆国のニューヨークで、女性労働者が婦人参政権を要求してデモを起こした。これを受けドイツの社会主義者・クララ・ツェトキンが、1910年にコペンハーゲンで行なわれた国際社会主義者会議で「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日とするよう提唱したことから始まった。

国際女性デーにちなむ最大の事件は、1917年にロシアで起こった二月革命であろう。国際女性デーに首都ペトログラードで行われた女性労働者を中心としたデモは、男性労働者、更には兵士を巻き込んだ大規模な蜂起となり、最終的には帝政を崩壊に追い込んだ。

日本では1923年3月8日、社会主義フェミニスト団体赤瀾会が初の集会を開催。国連は1975年(国際婦人年)の3月8日以来この日を「国際婦人デー」と定め、現在は国連事務総長が女性の十全かつ平等な社会参加の環境を整備するよう、加盟国に対し呼びかける日となっている。

2000年には、国連人権高等弁務官のメアリー・ロビンソン(Mary Robinson、アイルランド初の女性大統領)が21世紀に向けて「女性が権利の獲得に向けたこれまでの歩みを祝うと同時に、女性被害者は、いまだに跡を絶たないことを想起する日」であると言明する文書を発表した。

出典 https://ja.wikipedia.org

ミモザケーキはこの日の定番♪

小さなフワフワのお花がたくさん集まっているミモザをモチーフとしたミモザケーキは、この国際女性デーの日の定番となっています。見た目も可愛らしいこのケーキ、スポンジケーキを角切りにすることで、ミモザの花を表現できるので、意外とシンプルにできてしまいます!

イタリア在住だったブロガー、yukoさんが、とても可愛いミモザケーキの作り方を紹介してくれています!いちごがプラスされて、とても鮮やかなミモザケーキで、女性の日をお祝いするのは如何でしょう!?

小物も黄色で統一しちゃおう!

ミモザの黄色を取り入れることで国際女性デーを意識できるとあり、コスメやファッション業界も、この日に取り入れる黄色のワンポイントアイテムなどを特集しているんですよ。

出典 http://www.vanityfair.it

黄色のリップは難しそうだけど・・・

出典 http://www.drezzy.it

ワンポイントでコーディネートに黄色をプラスもアリですね!

出典 http://dreamdiscoveritalia.com

スーパーでは、女性客にミモザが無料でプレゼントされたりという粋な計らいもあるこの日。

日本の皆さんも、女性の地位向上の為に頑張ってくれた当時の女性たちに思いを馳せながら、ミモザや黄色のワンポイントで国際女性デーをお祝いしてみてください♪

この記事を書いたユーザー

おやびん(イタリア生活中!) このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス