上杉景勝(遠藤憲一)と北条氏政(高嶋政伸)の軍が千曲川をはさんで向かい合った。
しかし真田昌幸(草刈正雄)の策略によって、北条軍は軍を引き南下。徳川軍を討つために甲斐に向かった。

一方、上杉軍も家臣・新発田重家が反乱を起こし、越後に向かった。
その途中、寝返りの見せしめに張り付けとなった春日信達(前川泰之)の前を通ると、真田信繁(堺雅人)がいた。

家臣である春日の寝返り、新発田の反乱を目の当たりにした景勝はこう言って嘆いた。

つくづく人の心は分からぬものだな。

(上杉景勝「真田丸」第8話より)

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス