珈琲豆の輸入の際にトラブルが発生し、インドネシアまで急遽飛び立つことになった熊谷葉菜子(上野樹里)。翌日に行われる予定のプレゼンまでに戻って来られなくなることを想定し、アシスタントの田中莉奈(水原希子)に代わりをお願いする。

しかし葉菜子がいないことで不安になった莉奈は「私じゃ、葉菜子さんの代わりは無理」だと弱音を吐く。
そこで葉菜子は「私のアシスタントでしょ」と勇気づけ、こう続けた。

「やればできる。というか、ムリでもやらなきゃいけないときが人にはある。
大丈夫。信じてるから。」

(熊谷葉菜子「家族ノカタチ」第7話より)

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら