記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
これから離乳食が始まる子どもがいるお母さんや、お腹の中に赤ちゃんのいるプレママにとって、子どもの食べ物のアレルギーは心配になることのひとつだと思います。
「子どものアレルギーについてどういう方法で気づくことができるの?検査はどんなもの?」とアレルギーひとつでも疑問はたくさんあるのではないでしょうか。

今回のテーマは「子どものアレルギー」です。医師に詳しく聞きました。

子どものアレルギーの症状

食べ物に対するアレルギーの症状はさまざまです。

中でも多い症状は、生後間もなく出る顔や頭の湿疹が改善しなかったりひどくなるという症状です。
嘔吐、血便、下痢などが起こるタイプ、食べてすぐに発疹が出たり肌が赤くなったりゼーゼーという喘鳴(ぜいめい)が出たりするような即時型の場合もあります。

もし、これらの症状が起こった場合は、早めに小児科に受診してアレルギーが原因かどうか検査を行うことが大切です。即時型の場合、アナフィラキシーを起こすこともあるので、特に迅速に受診しましょう。

赤ちゃんに新しい種類の食べ物を与えるときは、アレルギーに対処しやすいように少しずつにします。
最初はスプーン1杯程度、様子を見ながら量を増やしていくようにしましょう。

アレルギーが疑われる子どもや、アレルギーがあるとわかっている子どもの場合は、医師の指示に従って離乳食を始めていくようにしましょう。

アレルギー検査

アレルギー検査を行う時期は、疑いがあれば離乳食を食べ始める前に行います。それまでは症状がなくても、離乳食を始めてから症状が出ることもあります。

検査方法は、一般的に血液検査です。
アレルギーの原因と疑われる様々なアレルゲンに対する血液中の抗体量を調べます(特異的IgE抗体検査といいます)。この検査である程度アレルギーの原因を探ることができます。

ほかにも、検査方法はあります。
・パッチテスト
疑われるアレルゲンを皮膚に貼り付けて調べる方法

・食物除去試験
疑わしい食べ物を数週間食べないようにする方法
(母乳の時期は、母親の食事から除去する検査を行う場合もあります)

・食物経口負荷試験
医療機関で疑われる食べ物を少量ずつ摂取して反応をみる方法

≪咳が続く・・・もしかしてぜんそくかも?まずはチェック!≫
子供の咳が止まらない…これってぜんそく?【こどものぜんそく】診断

遺伝によるアレルギーの疑い

親がアレルギーがある場合、子どももアレルギーがある可能性は高くなります。
しかし、親に蕎麦アレルギーがあるからといって、子どもも蕎麦アレルギーがあるというわけではなく、アレルギー体質が遺伝するということです。

そのため、疑わしい症状があれば、受診をして原因をはっきりさせることが大切です。

【医師からのアドバイス】

子どもの食べ物に対するアレルギーは、年齢によって反応がかわっていくため、小さい頃は食べると症状が出ても、成長とともに反応しなくなることも多いです。

まずはアレルギーがある場合は定期的に受診するようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら