食品添加物とは?

保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるものです。

食品の裏に書いてあるものなんで、確認することで身体によくないものを避けることができます。

これだけは避けるべき添加物

色素はよく確認することが重要です。

タール色素が含まれている食べ物は避けるべきです。
発がん性の疑いがるからです。黄色4号や赤色102号などは特に危険なので、確認しましょう。


カラメル色素が含まれている食べ物も避けるべきです。
こちらにも発がん性物質が含まれています。


着色料のなかでも、パプリカ色素やクチナシ色素など天然の色素のものを選ぶと安全性に問題はないとされています。







保存料や酸化防止剤をよく確認しよう!

保存料安息香酸Naは急性毒性が強いもので、実験の結果としてラットが死亡するなどしています。

保存料ソルビン酸Kは染色体を切断するなどすることがわかっています。

酸化防止剤BHAはラット実験でガンが発生することがわかりました。

そのほかにも避けるべき食品添加物を少しだけ。

亜硝酸Na…発色剤として使用される。毒性が強いてされています。

アセスルファムK…甘味料として使用される。砂糖の約200倍の甘みがあります。

スクラロース…甘味料として使用される。動物実験で発がん性の結果がでた。


まとめ

食は健康に直結すると言っても過言ではありません。
コンビニエンスストアの弁当などは本当に多くの添加物を使っています。
もちろん、体の害がないものもあるので、自己判断で避けるしかないのです。

そんなもの関係ないという人はいいのですが、怖いかもと少しでも感じた人は様々な書籍もあるので、見てみるのもあなたや家族の健康のためになります!

この記事を書いたユーザー

猫背木 このユーザーの他の記事を見る

興味のあるものに、気の向くまま書いていきます。
淡々とお付き合いください。

得意ジャンル
  • 音楽
  • スポーツ
  • グルメ
  • 暮らし
  • ゲーム
  • 美容、健康
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス