さて、基本的におどかすようなコワイような表現はさけたいのですが・・・

人は見た目が9割、といいますが・・・

先日、人事されている方から厳しいお話をききました。



履歴書は、写真を見て6~8割を落とすそうです・・・
怖い。。


写真(or見た目)で、残った人だけ初めて学歴や経歴を見るそうです。
知らなかった・・・

でも、これは何も不条理とも言えないなあと思うのです。
一見ひどい話かなと思いがちですが、いえいえ

内面は、外側に出ますから!

考え方、その人の生き方・・・
きっと外見に出ます。


就職活動をされているみなさん、
男性の方は髪型が命です。どうでしょうか?
女性の方、メイクは適切でしょうか?


わたしが、短大生のとき
就職活動をして面接を受けた際に、

「メイクが薄いですが、いつもですか?」
と、きかれました。

その時は、びっくりしたけど
今になって、適切なメイクでなかったんだと振り返ります。

ほどんどの大手企業では、就業中女性のノーメイクを禁止しています。
ビジネスにおいても、メイクは必要不可欠な要素なのです。

また、新人を教育されている担当者からよく質問される内容に多いのが、女性新入社員が
メイクをしない、また薄すぎてスーツや場にマッチしていない・・・といったものです。
スーツにすっぴんでは、余計に不自然です。また、薄過ぎても同じ、相手に違和感を持たれるものです。


では、面接の際どのようなメイクを心掛けると良いでしょうか?


....................
Basic Laboratoryの見解は以下の通りです。


☆ ナチュラルメイクを目指すけど、ナチュラル過ぎない!


☆ みーんな、同じような服装・メイクの可能性が高いので

  ナチュラルの中に個性を出す!一見、難しそうですが大丈夫。


☆ 自分の魅力を知る

.......................

メイクとは、いかに自分を演出できるかにかかっています。
自分を知る、自分の素敵なところを知る、
それをメイクに落とし込むのです。



自分の顔を研究する・・・

メイクはそこから始まります。

就職活動をされているみなさんを応援しています!
ビジネス向けのメイクについても日々研究されることをおすすめします。

この記事を書いたユーザー

Basic Laboratory このユーザーの他の記事を見る

京都リサーチパークのオフィスBasic Laboratoryにて、コンサル&技術提供をしております現役の美容師です。美容師さん目線プラス、めずらしい角度から様々な美容に関する情報を提供いたします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア

権利侵害申告はこちら