床屋の定休日は月曜日?

土日に営業している業種の定休日の曜日って、特定の日に集中することが多いですよね。例えば、床屋さんは月曜日、不動産屋さんは水曜日など。

でも、私が育った横須賀とお隣の横浜では床屋さんは火曜日定休でした。
なので、床屋さんが月曜日休みというのは「あるあるネタ」ではなくて、「なんで月曜?」という感じがしていました。

特に理由は気にしなかったのですが、ある日40年以上通っている床屋さんのおばちゃんが火曜日になった理由を話してくれました。

横浜や横須賀の火曜日定休は戦後の混乱期に遡る

戦後の混乱期、電力不足により「輪番停電」が行われていました。

今の人には「計画停電」と言った方が理解しやすいですね。東日本大震災の後に実施されたアレです。

戦後の混乱期も電力不足が起こっており、輪番停電が実施され、事前に決められた地域ごとに順番に停電していました。
そして、横須賀や横浜は停電する曜日が火曜日だったので、床屋さんの組合が火曜日定休にしたんだそうです。

火曜日休みは戦後の電力問題だったんですね。

最近では、週休二日制が浸透してきており、火曜日だけでなく月火とお休みするお店もあるようです。

この記事を書いたユーザー

カイトマン このユーザーの他の記事を見る

ディズニーシーのカイトのファンで、ミシカの頃に撮影を始めました。
今は、年パスで毎週インしています。

権利侵害申告はこちら