皆様は、人間と同じように、犬や猫をはじめ他の動物にも血液型がある事をご存知でしょうか?人間の場合A型、B型、O型、AB型の4種類ですが、猫の場合ですとA型、B型、AB型の3種類に分類されます。このように動物によって分類の種類の数も異なりますが、
犬の血液型は、13種類以上あると言われており、日本式だと9種類、国際基準としては8種類に分類されています。また人間のABO式とは異なりDEA式になっています。

出典 http://pet-pal.jp

こんなに血液型がたくさんあったら、もしもの場合のうちのワンちゃんの輸血、大丈夫なの?っと、不安になる方も多いと思います。では、どうやって輸血用の血液を探すのでしょう。

病気や怪我などの緊急時に手術、輸血が必要になった場合、血液検査をして血液型を調べる事があります。しかしそういったケースはあまりなく、また人間のようなものとは異なります。犬は人間と違って異なる血液型を輸血しても、赤血球が壊れるなどの重大な結果をまねくことが稀であるためです。また詳しい血液型が判明しても、適合する血液を見つけ出す為には時間がかかってしまうので、人間のO型のように、どの型にも適合する血液を輸血するケースが多いようです。
しかし・・・血液型が一致していなくてもあまり問題にならないと言われるのは初回の輸血の時だけ。これは初めての場合、他の型に対する抗体を持っていないためだとといわれています。過去に輸血経験があったり、咬傷経験があったりすると抗体が作られている可能性があります。2回目にその血液型が入って来たときに抗体が反応して、拒否反応を起こすことがあるため、その際は血液適合試験が必要になります。

出典 http://pet-pal.jp

事故などの外傷、外科手術でのやむを得ない出血が予想される場合、貧血、血小板減少症など、輸血が必要なケースは多くあります。
病気の予想はできませんので、ほとんどの場面で突然に供血が必要となります。多くの動物病院では、事前に供血犬として病院に立候補しておきます。
そして動物病院から連絡があった時に動けるようならば協力する。という流れになっています。
病院の規模にもよるので何とも言い難いですが、話をうかがった病院では多い時で月に5回ほど輸血が必要な症例があるそうです。
その病院では、「うちの犬いつでも使ってください!」と言ってくださる飼い主さんが多く、その協力のおかげで助かった命がたくさんあったようです。

出典 http://pet-seikatsu.jp

それじゃあ、うちのワンコもぜひ、献血・輸血ボランティアに!!っとお思いになった飼い主さんもたくさんいらっしゃるかと思います。
しかし、どの犬種でも大丈夫!ではないのです。
丈夫で健康なワンちゃんでも、唯一、お断りされてしまう犬種があります。

★献血していただく動物(ドナー)の条件
【犬】
年齢:1-7歳体重:20kg以上
・狂犬病予防接種、混合ワクチン接種およびフィラリア予防が毎年されている健康な犬
・麻酔をかけずに採血が可能な温厚な性格
※以下の項目に該当する動物はご登録いただけません。
・過去に「輸血を受けた」ことがある
・妊娠、出産したことがある・全身性の感染性皮膚疾患がある
・これまでに血液媒介性の感染症に罹患または罹患した疑いがある(バベシア症や犬ブルセラ症など)
・秋田犬

出典 http://www.jarmec.co.jp

そうなんです。秋田犬に限っては、お断りなのです。
では、なぜ?

秋田犬は赤血球細胞内のカリウム濃度が高いため、供血に不適とされています。

秋田犬以外で条件にあてはまるワンちゃんがいましたら、ぜひ、献血・輸血ボランティアに協力してみてください。救える命がたくさんあるかもしれません!

この記事を書いたユーザー

カメロン このユーザーの他の記事を見る

初心者です!日常にある、ほっこりした話題を提供できればと思います。

得意ジャンル
  • 動物
  • 育児
  • 料理

権利侵害申告はこちら