オーストラリアのビクトリア州にある溶岩でできた山

ハンギングロック保護区はは、オーストラリアのビクトリア州のメルボルンから北西へ約70kmに位置し、車だと1時間以内で行くことができます。625万年前に、すぐ隣にあるマセドン山(Mount Macedon)の噴火による溶岩によってできた岩山。岩と岩の間が狭い通路のようになっていて天然迷路のような不思議な空間になっています。

この場所は、1967年に事実を基にして書かれた小説、ハンギングロックでピクニック(Picnic at Hanging Rock)の舞台でもあり、その小説は後に映画にもなりました。バレンタインデーのピクニックにきた女子学生たちが消えてしまうというストーリーと聞くと、ちょっと危ない場所のような気がしますが、実際は家族向けの日帰りピクニックエリアとして人気なようです。

出典: 柚月 穣

写真のような岩がたくさんあって、整備された道以外にも奥へ続く道がいろいろあったり、岩によじ登って景色をみてみたりと、子供の頃ど田舎で育って木登りや岩登りを普通にやっていた私には、思い出がよみがえって冒険心がくすぐられました。

頂上の岩でリラックス♪

出典:柚月 穣

頂上の岩によじ登ると、日光で暖かくなった岩と気持ちの良い風が吹いてきてものすごく気持ちが良かったです。そんなに高い山ではないので、感動する景色とまではいいませんが、遠くまで見渡せて開放感味わえました。ちなみに、家族でピクニックとはいえ、小さい子供は頂上まで来るのは危ないと思います。

滝は乾燥、そういえば途中の小川も干上がっていた。

出典: 柚月 穣

パンフレットに載っている見どころ20のうちの一つの滝ですが、最近雨があまり降っていないのか、見どころの一つである滝には一滴の水も流れていませんでした。そういえば、ここへ来るまでの小川も干上がっているところが多かったです。

これがハンギングロックの名を持つ岩。

出典: 柚月 穣

急な登り階段の途中にある岩、パンフレットによると、これがハンギングロックです。他の岩によってしっかり支えられているので、全然危なげはありません。その細い道の日向から日陰へ入る時、なんだか突然神聖な空気に包まれるような気がするのは私だけでしょうか?

この記事を書いたユーザー

柚月 穣 このユーザーの他の記事を見る

オーストラリア、メルボルン在住。普段はローカルの会社でプログラマーやっています

得意ジャンル
  • 音楽
  • 動物
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら