おそらく流行の多くの指標は「プレタ・ポルテコレクション(高級既製服)」から生まれていくと思いますが、「クチュールコレクション(高級注文服)」からも発信されていることにお気づきでしょうか。今日は『Giambattista Valli』の「クチュールコレクション」から、2016年春夏の流行を見ていきたいと思います。

■『Giambattista Valli』の2016年春夏クチュールコレクション

イタリア生まれのデザイナーGIAMBATTISTA VALLI(ジャンバティスタ ヴァリ)が、emanuel ungaro(エマニュエル・ウンガロ)のクリエイティブディレクターを経て、2005年秋冬のパリコレクションでデビューしたフランスのファッションブランドになります。

出典 http://b.laso.jp

フェミニンを追求するなら

出典 http://www.vogue.com

今年の春夏は肩や袖のラインが多種多様ですが、女性の可愛らしさを表現するのなら肘下が膨らんだビショップスリーブがオススメです。手の甲も指もほっそりして見えますね。

出典 http://www.vogue.com

とにもかくにもです。流行というよりは定番といった感じですが、白に花柄・フリルを網羅すればカンペキではないでしょうか。まるで春風の妖精のようです。

出典 http://www.vogue.com

今年もやはりレースな気分です。単色ではなくて、白×レモンイエローのようにちょっと色を足してみると、あか抜けて見えること間違いなし。爽やかでスッキリとした柑橘系の香りが弾けそうですね。

流行色を一味違う形で着てみる

出典 http://www.vogue.com

今年春夏の流行色「セレニティ(パステルブルー)」。ブルーに染めた布を着るのも素敵ですが、スパンコールのように配したデザインで楽しむのもまた粋な装いです。

出典 http://www.vogue.com

同じく今年春夏の流行色「ローズクォーツ(パステルピンク)」。ピンクは好きだけど着るのは恥ずかしい・・・のであれば、ピンクの面積を極小にして着てみるのはいかがでしょう。春の出会いに乙女心がほんのり色づくようですね。

「クチュールコレクション」は高級すぎて自分には関係ない、見る気もしない、ではなく、ここから学べる流行があり、なにより美しいものを見て心を豊かにすることができます。もちろんセンスも鍛えられますよ。どんどん活用してみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

色見 このユーザーの他の記事を見る

「最新海外ファッションとファンタジーが大好き❤」海外のファッションチェック歴は約10年。流行も自分に似合うスタイルを探すのもお手の物☆もちろん、海外のコレクションならではの奇抜さや面白さを楽しむのも大好物!!マイブログ⇒http://ameblo.jp/suhi-ruko-mima/

得意ジャンル
  • カルチャー
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス