なんと毅然とした態度だ

アメリカの黒人運動家、ウィリアム・デュポウ。日露戦争に勝った=白人に勝った日本に感銘を受け、来日。帝国ホテルに泊まった。チェックアウトの時、彼の前に白人女性が割り込んで入ってきた。日本人のフロントスタッフが、その割り込んだ白人の方を見ないでデュボウのチェックアウトをきっちりと処理してから次のお客様と白人女性の応対をした。なんと毅然とした態度だとデュポウは感心した。日本人の感覚では黒人を尊重したのではなく、「割り込みはマナー違反である」事を注意しただけだった。

出典世界は邪悪に満ちている だが日本は

日本が台頭するまで、白人に対抗できる国家はありませんでした。日本は、絶対に勝てないと思われていた、巨人ロシアに日露戦争にて勝利します。白人に勝った日本が植民地化が進むアジアの希望の星でした。ここまでは良く耳にする話でしたが、アメリカ国内でも人種差別を受けていた人たちがいました。カラーズ、そう黒人、有色人種です。黒人運動家たちは日本に大変な興味を持ち、希望を見出していたと書いてあります。日本が、大東亜共栄圏というアジアvs欧米列強という戦争の形から、有色人種vs白人という戦略を編み出していたら、アメリカ自体の国家体制を不安定にし、もしかしたら勝利の目があったかもしれないというのはとても興味深いです。また、アジア諸国が欧米列強に植民地化されていた時代に白人に対してものおじしない毅然とした日本人の姿勢には感銘を受けます。

アメリカ人は、生ませて捨てても平気でいられる。

アメリカは惨々ひどい事をしておきながら、慰安婦の事を持ち出して人権侵害とか言ってくる。アメリカ人は、第二次世界大戦の日本占領下、多くのアメラジアンを作った。(アメラジアン:アメリカ人が強姦して産ませた子供)。慰安婦の事を惨々批判するが「どこにジャパラジアンはいるんだ?」

出典世界は邪悪に満ちている だが日本は

本の内容は、基本的に日本人かいかに文化的で優れていて、白人がひどいかに終始したものでした。

テレビで放映された内容は差別や批判を浴びる中、アメリカ人との混血児を守って育てたというものでした。白人文化の中で、相手国に攻め入り、勝ったら女性を強姦し混血児を作る。過激な国家では男性は皆殺しにし、根絶やしにし、侵略していくという事です。日本は従軍慰安婦問題で批判されていますが、ジャパラジアンという言葉はなく、強制連行の事実もないです。

白人は、まだ文明的になっていない

白人は、まだ文明的になっていない。日本人の前では取り繕っている。日本人を怒らせると怖いと思っている。それは神風特攻隊のおかげ。向こうの人間に「冗談言うな!」と強くいうとピリッとする。

出典世界は邪悪に満ちている だが日本は

特攻隊は批判される事が多いですが、遺書や母親や家族にあてた手紙を見ると胸が熱くなります。手紙の多くは家族の身を案じたものばかり、自分はすがすがしい気持ちでいきますというものです。自分の愛する者を守るために自分の命を捧げるという究極な愛の表現です。戦時下洗脳されて、そのような形で命を落としたといわれますが、それは英霊に対してとても失礼だと感じます。戦争や特攻隊はない方がいい。だけど究極の状態に追い込まれてもなお、親、兄弟、愛する人を守ろうとする心はとても尊いです。それが、今でも白人文化(特にアメリカ人に対して)効き目があるというのが、本当にあの戦争の中で気高く、誇りを持って戦ってくださった方々のおかげで今があるなと思います。

この記事を書いたユーザー

企業戦士 このユーザーの他の記事を見る

資産・お金を増やすことをテーマに、日経平均株価予想をしています。

得意ジャンル
  • マネー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス