主よ、あなたが祝福してくださいましたから、
  それはとこしえに祝福されます。歴代誌上17:27

祝福を祈りなさい。
 祝福を受け継ぐために
   あなたがたは召されたのです。Ⅰペテロ3:9

      (ローズンゲン日々の聖句2/27;土)

 「わたしはあなたを祝福し、あなたの名は祝福となる。地上のすべての民族は、あなたによって、あなたの子孫によって祝福される」との、イスラエルの始祖、アブラハムへの約束(創世記12:2~3)が、今、イスラエル12部族のうちのユダ族に絞られ、ユダ族のうちのダビデ王の子孫に絞られてきたのだそうです。
 さらに今、神なく、望みなく、もろもろの約束とも関係のない他国人であった私たちにも、イエスによって、この祝福を受け継ぐ者になるとの、新しい契約がたてられ、私たちもこれにあずかり、祝福をいただき、祝福を届ける者の中に加えていただけるのだそうです。
それで、ペテロも言うのですね。
「悪をもって悪に報いず、侮辱をもって侮辱に報いず、かえって、祝福を与えなさい。あなたがたは祝福を受け継ぐために召されたのだからです」(Ⅰペテロ3:9新改訳)と。

 出会う人、すれちがう人、周りの人を、イエス・キリストの御名で祝福しながら進むのだそうです。
今日も。



[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]



<ahref="http://www.blogmura.com/point/00697809.html" ><imgsrc="http://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>



[269RANKのランキングサイト]



"哲学・思想 ブログランキングへ"

この記事を書いたユーザー

佐知男 このユーザーの他の記事を見る

愛媛県久万高原町の産。仏教大学(社会福祉)、JTJ宣教神学校卒。キリスト教プロテスタントの教会員。

権利侵害申告はこちら