臓器の提供が始まった土井友彦(三浦春馬)。体が痛み、仲間がするサッカーを見ていたが、我慢できず自分のその輪の中に加わった。

しかし再び体が痛み、倒れ込んでしまう。
仲間が「もうやめろ」と休むことを勧めるが、友彦はコートに立ち続けようとする。
そして痛む腹を押さえながら、こう言った。

「俺はサッカー選手になるのが夢なんだよ。
それが俺なんだ。だからいいんだ。」

(土井友彦「わたしを離さないで」第7話より)

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス