恩送りコーヒー

「そんなカフェが近くにあったら行ってみたい」「夢がある」という意見が多い中、「困っている人に無料にすればいいじゃん。」「なんか怖い」という意見も…。

そもそも「恩送り」ってなんだ?!

「恩送り」とは

「恩返し」というのは、自分に何かよいことをしてくれた人に恩を返すことですが、「恩送り」は、してもらった恩を他の誰かに送っていく善意の連鎖です。

「恩送り」は日本に昔からある

1746年初演に「菅原伝授手習鑑」にも「恩送り」という言葉が出てくるそうです。

善意が巡り巡って自分に返ってくるという「情けは人の為ならず」という言葉もありますね。

井上ひさしの「恩送り」

日本の有名小説家で劇作家の井上ひさし(1934-2010)は不遇な幼時期を過ごした。韓国では演劇「お月様はきれいだな」の原作者として、また反戦運動家として知られた井上は、幼い頃、父と死別し、義父の虐待を受ける子どもだった。

貧しさのため母に手を引かれて児童擁護施設に預けられた井上は時々、不良少年と付き合い、中学生になると店で物を盗んだりもした。ある日、彼がある本屋で国語辞典を盗み、本屋のおばあさんに捕まった。おばあさんは「そんなことをすれば私たちはどうやって暮らすのか」と言って、井上に裏庭にある薪を切らせた。

そのおばあさんは薪をすべて切った井上の手に、国語辞典とともに、辞典代を差し引いた日当を握らせた。「こうして働けば本を買える」。後に作家になった井上は文集で「そのおばあさんが私に誠実な人生を悟らせてくれた。いくら返しても返し切れない大きな恩」と回想した。彼は作家として有名になり、故郷の山形県川西村に自分の蔵書を寄贈して図書館をつくったほか、現地の農民を対象にした農業教室「生活者大学校」を設立した。

またその本屋があった岩手県一関市で生涯、同僚と一緒に無料文章講習を開いた。これを井上は「恩送り」といった。誰かから受けた恩を直接その人に返すのではなく、別の人に送る。そして恩を送られた人はまた別の人に恩を渡す、恩がぐるぐる回る世の中をつくろうという趣旨だった。

出典 http://blog.goo.ne.jp

おばあさんの善意が、こんなに大きく広がったんですね。

「恩送り」の気持ちは日本に根付いている

私は「恩送り」という言葉を知りませんでした。でも、調べていくうちに「恩送り」の気持ちは日本に根付いていると感じたのです。

私の住んでいる県では、近年さまざまな災害にみまわれました。そのたびに多くのボランティアの方が駆けつけてくださいました。
全国津々浦々からかけつけてくださいましたが、中でも多く聞こえてきた声は「関西弁」だったのです。

「阪神淡路大震災」の恩を送りにきてくださっていたのです。いろんなところでボランティアをされているのでしょう。なにをどうすればよいのかよくご存じで、本当に力になっていただきました。

近くに素敵なカフェはないけれど

話題になっているカフェは、我が家からは遠いですが、「恩送り」は日常の中でいつでもできるもの。
いつも受けている恩を返したいという気持ちはもちろんありますが、それにプラスして他の人にも送っていけたらいいなと思います。

この記事を書いたユーザー

このユーザーの他の記事を見る

専業主婦です。只今子育て真っ最中。

得意ジャンル
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら