白い頭

友人から聞いた話8年くらい前、友人が大学に入り、一人暮らしを始めて間もなかった頃。当時住んでいたところは、築3年の綺麗なアパートで、周辺の土地にも特に曰くなどはなかった。友人が帰宅し、いつもどおり風呂に入っていると、風呂場の窓の向こうを白いものが行ったり来たりするのが見えた。すりガラスなのでぼんやりとしか見えなかったが、大きさはバスケットボールより少し大きいくらい。ガスメーターがそばにあったので、ヘルメットを被ったガス会社の職員だろうと思って特に気に留めていなかった。それから、周に1回ほどのペースで、その白い頭を目にするようになった。ガスメーターの点検にしては頻繁すぎるし、夜遊びやバイトから帰って深夜や早朝に風呂に入っているときも現れるので、さすがに不審に思った友人は次に現れたら、窓を開けて姿を確認しようと考えた。ある日、バイトから帰って風呂に入っているとき、その白い頭は現れた。友人はすぐさま、浴室の小窓を開けて外を確認した。しかし、浴室の小窓では見れる範囲が限られており、姿を確認することはできなかった。モヤモヤした気持ちのまま小窓を閉めた瞬間、スっと小窓の横から白い頭が現れた。今度は完全にこちらに顔を向けた状態で。それはヘルメットを身に付けたガス会社の職員ではなく和装の婚礼装束の被り物を身に付けた真っ白な顔の女性だった。すりガラスなので目鼻立ちまでは確認できなかったが口だけは真っ赤な口紅で確認できた。口が異様に大きく、ニターと笑っていて口の中は真っ黒だった。友人は恐怖のあまり、風呂場を飛び出して適当な服をひっつかんで着ると濡れた体のまま近くのコンビニに駆け込んで朝まで過ごしたそうな。その後親に頼み込んで引越しさせてもらい、転居の日までは友達の家を転々としながら過ごしていたらしい。今のところそれ以来何も起こってないそうだ。

壊れたテレビ

これは、私が実際に体験したお話。私が今も住んでいるアパートはご近所から『廃墟』とまで言われるほどぼろいアパートで、夜になるとすごく不気味だ。大学生になった今でも、夜遅くに帰ると恐怖を覚えるほど。これは小学生のころに実際に体験した話…私は、小学生のころ毎日いじめにあっていた。その日も、リコーダーを頭に思いっきり打ちつけられたり、給食に毛虫を入れられたりなどそんな仕打ちを受けた。それから泣くのを止めようと、笑顔を作る練習をしながら帰宅した。両親は共働きで、心配をかけたくなかったから、いじめのことも相談しなかった。6Fにある自分の家には当然ながら誰もいない、暗くてシーンとした部屋…私は、リビングにあるテレビの電源を付けようと、チャンネルを探したがどこにもなかった。仕方なく、テレビにある主電源を押した。私の家のテレビが壊れていたのだろうか、、電源を付けても映像が映るまでタイムラグがあった。黒い画面に映るのは、当然ながら私…そして、変わり映えのない真っ暗な部屋しかし、いつもより早くに画面に動きがあった。画面の正面に私の顔が映っているとするとそれは、私の左に現れた。それというのは、淡白い靄だった。ゆらゆらと揺れている最初、『もう点いたのか!』とわくわくしていた私だったが、一向に音声が入らないので、オカシイ…と思い始めていた矢先だった。だんだん淡白い靄が人型を形作っていった。しばらく茫然と見ていると、完全に人になった。70歳ぐらいで、しわが多くて、全部白髪で、目のあたりは黒くくぼんでいるおばあさん。私は、そのおばあさんを知っていた。いや、面識があると言った方がいいだろうか、そのおばあさんは私と同じアパートの8Fに住むおばあさんで、エレベーターで鉢合わせになったり、1Fのエントランスの様な場所で見かけたりした。そんな、知った顔にも関わらず私は恐怖からか、ふるえと汗が出るのが止まらなかった。なぜなら、そのおばあさんは先週の日曜日に8Fから飛び降りて、荼毘にふされたからだ。しばらく、震えて何を言えない私に、おばあさんがしわくちゃの手を肩へとまわしかけて、『一緒に、くるかい?』と言ってきた。私は、恐る恐る手を見て、画面に映っている顔を見た。そこには、目を異常なまでに見開いたおばあさんの顔が映っていて、全てが、黒目だった。『いや、いいです。』とやっとの思いで言葉を絞り出した。『そうかい、残念だねぇ…』と残念そうな顔をしてからおばあさんは消えたたまに、あのまま一緒に行けばよかった…と思うことがある。小学生でのいじめは1年~6年生までひっきりなしに続き、中学生でもいじめは続いた…しかもエスカレートしていって、心にも体にも一生言えない傷を負ってしまった.終わり、連投すまそ

安アパート

おととしまで住んでたアパートの話。引越しをしようと決め、物件探しをしてるとき、「ちょっとした縁で安くできるから」と、そのアパートを不動産会社から紹介された。部屋は1K、ロフトつき、日当たりも良し。大き目の収納もあり、交通の便もよく、ほとんど文句ない物件だったので、ちょっと奮発してそこに速攻で決めた。で、当時ネコを一匹飼ってた(前に住んでた部屋はペットOKのボロアパート)んだが、そのことの許可をもらうのを忘れてしまい、「ま、あとでうまくごまかせばいいか~」てなぐらいの気持ちで、ネコもつれてきた。(トイレ、鳴き癖は完全にしつけてある、という安心感もあったし)アパートの住人たちへのあいさつも済ませ、近所のスーパーとかを見てまわり、引越し当日は終了。荷物も整理してない部屋で寝ようとしたとき、ネコの異変に気がついた。玄関のドアのほうを見て、微動だにせず、ずーーーっと低い声でうなっていた。普段はそんなことしないのに。そのときは、「ノラネコでもいるのかな?」としか思わなかったので、そのうち慣れるだろと思い、早々に寝てしまった。が、次の日もその次の日も、毎日毎日、夕方ごろになるとその行動をするようになり、これはおかしいぞと思い、うなり続けているネコの近くに行った。すると、なんか玄関の外で人の気配がする。お化けとかそういう雰囲気ではなく、明らかに人間の気配。思い切ってドアを開けたかったが、怖くてできない。つか、そんな根性もとからないし;;結局、物音を当てないようにネコをかかえて部屋に戻り、ふすまを閉め寝ることしかできなかった。それでもネコは、ふすま越しに玄関のほうを見てうなっていたけど。結局、そんな毎日が続いたため、満足に寝ることができず、3ヶ月で部屋を引き払うことにした。体重も10キロおち、医者にも「相当ストレスたまってるね」と言われたので、元のアパートに出戻りする形になった。で、またアパートの住人に挨拶してくことにしたんだが、こっちが「短い間でしたがお世話になりました」と挨拶すると、決まって全員、ネコの話をするんだ。 「このアパート、ネコとか禁止でしょ?なんで飼ってるの?」「大家さんの許可もらわないとダメだよ」「大家さん、ネコのことで怒ってるわよ」とか。一度も部屋から出してないのに。去勢したから、大声で鳴いたことも一度もなかったのに。で、最後の一人に、さりげなく聞いてみた。「なんでネコ飼ってたの知ってるんですか?」って。そしたら、「『アパートのみんな』で交代で見張ってたから」と言われた・・・・どうやら、毎日毎日交代で、(なんと、大家の指示らしかった・・・)オレが帰ると、すぐにその日の『当番』が、ドアの前でずーーーーっと見張りをしてたそうだ。ドアポストからの『監視』もしてたらしく、それでネコを見つけられたみたいだった。ネコのことで許可をもらわずに飼ってたオレも確かに悪かったが、それならそうと一言言ってくれればいいのにと反論したら、「大家さんの指示だから・・・」と言う。その後の話を聞いてみたら、どうも郵便物も「大家さんの指示」でチェックされてたらしい・・・さすがに、封筒破ってまではしなかったらしいが、誰から来た郵便てのは、逐一チェックしてたそうだ。それを聞いて、もう一日とここにいたくないと思い、一週間後だった引越し予定日を無理矢理繰り上げ、翌日引越しをした。今ではもう、笑い話でしかないが、当時はホントにシャレにならんくらい怖かった話。なんで「大家さん」がチェックしてたのか、不動産屋がどういう縁で安くできたのかは、わからずじまいです。 つか、怖くて調べたくもなかった・・・・・つまんないオチでスマソ。今では何事もなく、ストーキングされることもなく、平穏無事な毎日。やっぱ、値段とかに見合わない、『お得な』アパートって危険ですよ・・・・

この記事を書いたユーザー

青空マン このユーザーの他の記事を見る

青空マンです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら