禁句

私はある俳句の会に入ってるのですが、そこで体験したことを書きます。怖くはないかもしれませんが実際にあった話です。私は中学校の国語の教諭ですが部活動は担当していないので土日は時間があります。それで人に勧められたこともあって地域の俳句の会に入りました。まわりは仕事を引退したおじいちゃんがほとんどで、女性会員は数人しかおらずずいぶんかわいがっていただきました。月2回集まって互選の句会をし、年に2回吟行の会がありました。吟行といっても師範役の大学の講師の先生が大型バンを運転してくださり、日曜日に日帰りできる近場に行くだけです。その吟行は5月の連休の一日で、朝から晴れていてとても気持ちのいい陽気でした。その回の出席者は9人だったと思います。私は車の中で水筒のお茶を飲んだりしながら朝の集合時に言われた席題を考えていました。席題は「立夏」で、これで一句、それから5月の自由題で一句俳句を作って昼食をとり、今日行く神社の集会所を借りて句会をする予定でした。神社は自分たちの住む町から車で2時間くらいのところで、御社名は秘しますが、主な御祭神は菊理媛命です。大きな神社の駐車場で車を降り社殿までの道すがら皆で歩きながら、ときどき立ち止まって野草の名前を教えていただいたりしました。そしてメモを出して俳句を考え始めましたが、「立夏」は難しい題ではなくどうにかなりそうでした。神社の神域に入って手水をとりお参りしようとしたとき、突然空が暗くなり西のほうにものすごく太い稲光が走りました。そのとき近くにいた句会のメンバーのSさんが「うお」と大声を上げたかと思うと鼻と口から黒っぽい血を噴き出し目を?いて硬直したようになって真後ろに倒れました。「ドーン」という雷の音がして、その瞬間に参道の脇にある小さなお社の観音開きの戸がすべて開きました。その直後に大粒の雨がものすごい勢いで降ってきました。師範の先生がこちらを見て駆け寄ってきました。そして私ともう一人の方と三人で、Sさんを社務所の中に運び込みました。Sさんの様子をみてすぐに救急車が呼ばれ、一緒に来ていた奥さんが一緒に乗り込んで病院に向かいました。その後師範は社務所の神官の方と話していましたが、雨の中からSさんの手帳を拾って戻ってきました。その手帳を神官に見せると、神官はあっと驚いた顔に変わりました。その後は皆で昼食を食べ、句会は取りやめしにて帰りました。神社から離れると雨はあがり元の初夏の空になりました。師範は携帯でSさんの奥さんと連絡をとっていましたが、Sさんはそのままお亡くなりになったそうです。次の句会で師範から驚くべき話を無理に聞きかせていただきました。あの神社にはとても古くから伝わる忌み言葉があり、それは特別まがまがしい意味ではないのですが、日常的にはまず使われることのない古語で、神域の中でその言葉を発したり書いたりすると、たちどころにその者には神罰がくだるのだそうです。Sさんが倒れたことと天候の急変でふとこの言い伝えに思い当たった神官が、Sさんの俳句手帳を見ると、そこには作りかけの俳句とともに、はっきりとその言葉が記されていたのだそうです。私はこの話について当時は真偽は半信半疑でしたが、国語を教えるものとして言霊というものはあると考えておりましたので、今ではこのお話を信じかけています。乱筆申し訳ありませんでした。

沈む男

去年の8月、ダチと2人でトレーラーでアルミボート引いて、ハチロー(秋田県八郎湖)へバス釣りに行ったんですよ。4日間の予定で。ところが、到着前日から、凄い雨で流入河川とか濁流なんですわ。初日、西部やったんですけど、いまいちで、2日目から中央カンセンロとかいう、ドブみたいな所でやったんですよ。小雨の肌寒い中、一日中やって、そこそこ釣れました。夕方帰ろうとした時、川の真ん中に人が立っているのが見えたんですよ。200mくらい先に、ぼんやりと。夕方、結構肌寒いし、釣りとか網とかやっている風でもなく、棒みたいに突っ立っているんですよね。ダチと、なんか気味悪りぃなーとか言いながら、なるべく避けて、端を通るようにボートを走らせていたんですよ。「やべぇぞ!」前に座っていたダチが言いながら、止めろと、手で合図をしてくるんですよ。何だ?と思って見ると、さっきの突っ立っているヤツが、その時点で、グレーっぽい作業服を着ている男のように見えました、そいつが、まっすぐお風呂に入るみたいに沈んでいくんですよ。自殺なのか? それとも何かしていて、倒れたのか?助けなきゃ! 面倒な事になった・・・いろいろな考えが、頭の中をグルグルと回りました。全開で近づいていく中、その男は、もう胸くらいまで水に浸かっていました。50mくらいまで近づき、こちらに背を向けた男らしい事が分かりました。やばい、急げ!「おいっ、アンタ! シッカリしろ!」ダチが叫んでいました。沈んでいく男は無反応でした。・・・あれっ?・・・・・ココって、そんなに深かったっけ?次の瞬間、サササ・・・とプロペラに砂が当り、船外機のエンジンがストップしました。全然浅いんですよ、そこら一帯。行きは岸よりを釣りしながら、流していたんで、そこら一帯が、サンドバー(砂地の浅瀬)になっているのに気付きませんでしたが。とりあえず、エンジンを上げて、エレキ(低速移動用の電動モーター)を少し水に突っ込んで男が沈んだ場所へ近づきました。「待て! 止めろ!!」「何で?」「ちょっと、おかしいよ。離れた方がいい・・・」振り返ったダチの顔は、血の気が引いてました。「そうだな、そうしよう。」ホラー映画なら、ここでエンジンがかからないのが定番ですよね。その通り。さっきまで動いていたエレキが全く反応しないんですよ。ほんの一瞬、顔を見合わせたり、今いる所の、底を見たりしている間に男は、沈んだのか、消えたのか、いなくなっていました。怖くて、しっかりとその辺りを見たり、周りを探したりは出来なかったです。ダチが焦りながら、オールで底を押してその場からボートを離すようにしたんですよ。俺は、少しでも深い所に出たら、速攻エンジン下げて、かける準備をしました。濁った水の底が見えなくなってきたところで、慌ててエンジンをかけました。かかれ、かかれ、頼むから、かかってくれ。スターターを、力いっぱい引っ張りました。意外にも、一発でエンジンはかかりました。「やったー! 早く、このクサレどぶ川から脱出しようぜ。」ダチが、強がっていましたが、顔面蒼白でした。もちろん、俺もです。行きに通った航路にボートを戻して、全開で走りました。男がいた場所を通りすぎる時、ダチはじっとその辺りを見ていましたが、俺は、怖くて見れませんでしたよ。とにかく、全開で走り続けました。ボートを下ろした場所と自分の車が見えてきて、助かったと思いました。「なぁ、アレ、やばいヤツだよなー? まさか、ホントに人だったなんてことは無いよな。」「当たり前だろ、ペラが底につく浅さだぜ、人間じゃねぇよ。」「おー、でも、初めて見たぜ、ホンモン。」そんな軽口を、少しは叩けるくらいにまで、落ち着いてきました。少し冷静になって、気がつきました。朝より、少し減水してるようです。「ちょっと減水してっから、ボート上げるのキツイぞ。」「とっとと上げて、帰ろうぜ。」その日、トレーラーを使えそうな所が無くて、比較的段差の無い所から、ズリ降ろしたんですよ。ボートを岸に近づけて、急いで、装備を車に投げ込みました。その間、川の方は、なるべく見ないようにしてました。特に、男がいた辺りは、絶対に。軽くなったボートの先を岸に引っ張り上げて流されないようにして、さあ、後はタックルを積むだけ。ガシャ、ガシャ・・・「あっ、チッキショー! ボックス(釣り道具箱)、ぶちまけたー!あれっ?・・・」「ナニ、やってんだよ、早く拾えよ!」「割れてる、こんなにでっかく・・・」「えっ・・・」ダチのプラノ(釣り道具箱)を見ました。 取手と留具の部分に、何ヶ所もひびが入っていました。「・・・なんだ、こりゃ・・・」多分、俺もダチも同じことを考えていたと思います。

でも、お互い口に出しませんでしたよ。何かが、始まったり、来たりするような気がして。2人とも、無言で散らばったルアーかき集めて、車に投げ入れました。いったい、俺たちが何をしたって?昼間、他にも釣りをしていたヤツはいたじゃないか。もしも、俺たちが何か間違えたのなら、勘弁してくれ。頼むから・・・・でも、駄目でした。ボートを上げようとして、車から、川の方に振り返ると俺のボートのすぐ脇に、あの男がいました。多分、俺が立ったら、ひざ位しかない水深の所です。胸の辺りまで水に浸かって、上流の、さっき、沈んでいった方に向いていました。俺とダチは凍り付いて、動けなかったです。男が、ゆっくりと斜め上に浮き上がりました。変な動き方でしたよ。次の瞬間、ポンって感じで、男が俺のボートに乗りました。足が途中で切れていて、何て言って言ったら良いか、木が生えているように、ボートにくっついてました。「もうー、ボートいらねぇや。」声が出ていたかは、分かりません。俺とダチは、車に飛び乗って、そこから逃げました。走って、走って、とりあえず、サンルーラルまで来て、駐車場にメチャクチャな停め方をして、レストランに入りました。ビールを頼んで、二人で顔を見合わせました。「もう、ボート無くなってもいいや。あそこには戻れねぇよ。」「あぁ、お前には悪いけど、俺も無理だ。」その夜は電気、テレビをつけっぱにして寝ましたよ。次の朝、やっぱりボートが惜しくなって、戻ってみました。ボートは、昨日の場所にちゃんと有りましたよ。昨日の夜、レストランからくすねた塩をボートにまきました。トレーラーに乗せて、宿の予定をキャンセルして、そのまま、帰りました。なんとなく、気持ちが悪いので、そのボートは売っちゃいましたよ。どこのショップかは言えませんけどね・・・。

鬼の子孫を名乗る人々

洒落怖と言うか、個人的に興味深い話をひとつ日本には、鬼の子孫を名乗る人々がいるという話奈良県吉野郡天川村に存在する『天川弁財天社』、通称「天河神社」の宮司を務める家計は鬼の子孫だというしかもこの鬼というのはそこらの鬼ではなく、修験道の開祖である役行者が使役した前鬼・後鬼であろうそうだこの神社の開祖は役行者その人であり、その役行者が使役していた夫婦の鬼・前鬼後鬼の子孫が代々の守り人を任されている現在こそ柿板氏が宮司となっているが、明治以前は井頭氏という一族も宮司を務めており、やはり鬼の子孫だというこの神社の面白いところは、節分行事として「鬼の宿」という行事が毎年2月3日に行われていることであるこの行事では、通常のように「鬼は外、福は内」という掛け声は用いず、「鬼は内、福は内」という掛け声を用いる「鬼は内」という掛け声を用いる節分行事は鬼子母神なんかを祀る神社には結構見受けられるが、鬼の子孫による鬼を迎え入れるための節分行事はここ天河神社をおいて他に例を見ないちなみに、節分で追い出された鬼をかくまっている地域なら結構ある群馬県藤岡市や、茨城県つくば市鬼ケ窪がそうである

この記事を書いたユーザー

青空マン このユーザーの他の記事を見る

青空マンです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら