無音

昔の話だが聞いてくれ。飲み仲間達と心霊スポットへ行こうと言う話になり男2人女2人のベタな編成でベタな地元の怪トンネルに行く事になったトンネルにまつわる噂もよく聞くものでクラクションを鳴らすと霊が出る手形がべったり車につけられる、そんな都市伝説的なものだったのでたいして期待もせずワイワイと騒ぎながらAの車でトンネルへ向かった・・一番はりきっていたのはAで昔からの親友でもある手形がついたらすぐ解るようにと洗車までしてきたオカルト好きだB子とC美は飲み友達でとくに霊感もなくノリで参加したようだった俺は友達とはいえ女の子とはしゃぎながらのドライブに満足していた軽くビールを飲みながら田舎の山道を走り30分ほどで問題のトンネルに到着さすがに雰囲気は満点でAがトンネルに入る前に自慢の怖い話をして盛り上げるクラクションをピーピー鳴らして気合いを入れると徐行しつつトンネルへ進入していった中は明かりがついてるにもかかわらず妙に薄暗く全員口数が少なくなってきたところでAが「よし!ここら辺でクラクションいくか?」と嬉しそうに言う。女の子達は怖いね~と言いつつ嬉しそうだドキドキしながらAを煽るAは「いくぞ~!」と言うと同時にクラクションを鳴らした。すると「プヒ~ン」とありえない程なさけない音がトンネル内を響いた全員大爆笑で「何この音??ww」「面白すぎww」と雰囲気ぶち壊しで大笑いハマッタ俺達はクラクションを連打し337拍子をしてみたりと大爆笑「プップヒップヒヒーン」と鳴らせば鳴らす程なさけない音が響くしかし異変はこんな大爆笑の中突然起こった突然全員が笑うのやめシーンとなった あれ?と思い後部座席の女の子達を見てみると口をぱくぱくとさせて笑っている。というより顔が笑っている俺の耳がおかしいと気がつくのに時間はかからなかったまったくの無音で喋っているつもりだが自分の声すら聞こえない絶対無音AやB子C美に大声で助けを求めたところ 全員同じ現象が起きたらしく口をぱくぱくさせながらジェスチャーで耳が聞こえないと訴えてきたAがガクガクと振るえながら大急ぎで車を走らせる俺は絶対無音の中恐ろしくて後ろも振り返れなかった・・何か見てしまいそうで怖かったからだトンネルを抜けても無音は変わらずあ゛ーあ゛ーと騒ぐも何も聞こえない10分程走り山道を抜けたあたりで「治った?」とB子の声が聞こえ異常な現象が終わったと確認できたB子とC美は後部座席で怖かったとワンワン泣きじゃくり情けない事に俺も安心したのかボロボロと涙を流していたAはトンネルから出る時点で泣いていたので全員で泣きながらのドライブとなったやっとコンビニを発見しホットコーヒーを買い落ち着いたところで全員でさっき起きたことについて口々に語りあった俺とB子、C美が興奮しながら何も聞こえなくなった事を熱く語っているとAが「俺お前等おかしくなってすげー怖かった」とまた泣き出した実は何故かAだけは何事もなく聞こえていたらしく突然笑っていた俺達が大声で「あ゛ーあ゛ー」「何コレ?何も聞こえない」「助けて!」などと言い出し全員狂ったんじゃないかと思い怖かったんだと涙ながらに打ち明けたその後とくに何事もなく日々を過ごしているが今でもトンネルを通ると思い出し洒落にならないほど怖いといっている

自販機の下から

あんま怖くないが俺の体験談を聞いてくれ。二か月ぐらい前。俺は確か知り合いと親戚の祖父の葬式に出たんだ。祖父の家は俺が今すんでる家から3時間くらいの所にあるんだけど式はまぁ普通に終わり、次の日仕事もあったもんだから、その日のうちに帰る事にした。(知り合いも同じ方向)夜中の2時過ぎくらいには家の近くまで着いた。そこで喫煙者の俺はタバコが切れたので自販機を探してたら、ちょうど古いアパートの近くに自販機があった。この辺は家から近かったけど来たことはなかった。アパートは廃墟らしく人の気配は無く、電灯もついたり消えたりしてて不気味だった。そこでタバコを買おうとして金入れたんだけど、何の反応もないの。返却とかも無理。ムカついた俺は自販機を蹴飛ばした。その瞬間背筋に鳥肌が立った。何かの気配がした。恐怖で動けなかった(多分金縛りではない)。そしたら急に自販機の底(機械と地面の間)から両手が出て来て、俺の両足を掴んだ。手の色は青白くて血がいっぱいついてた。びっくりした俺は叫んだんだと思う?遠くから知り合いの車から降りる音がしたから。で、俺は何かよく分からんが目の前がぐにゃってなった。テレビ番組のエフェクトみたいに。それと同時に何かに頭の中を掻き回されてる感じがした。探し物探しててタンスの中を掻き回す感じに。すごい吐き気がした。頭もクラクラした。あと小さな女の声で「…無い…………無い……」って聞こえた。気がついたら病室。どうやら俺はあの日から5か間生死をさまよっていたらしい。知り合いによると駆け付けて俺を見た時、俺は白目を向いて泡を吹いていたらしい。あれからだいぶ経つが物忘れがひどくなった気がする。あの日助けてくれた知り合いの名前と顔すら思い出せない。

古いオルガン

家に、古いオルガンがあった。母が、私が生まれるより前に中古で買ったらしい。小学生のとき、一度だけ弾こうとしてみたが、ベース(足用鍵盤)の音が全く出なかった。高校生になって、三学期の中間考査の勉強をしているときだった。テスト勉強は、本番の二日前か前日にしかやる気が出ずに、その時も、前日の深夜遅くまで勉強していた。一時半になった頃、一階のリビングから、オルガンを弾く音が聞こえてきた。(私の部屋は二階にあり、そこで勉強していた。聞こえた曲は、名前は忘れたけど、多分有名なやつ。)ベース音がないので、とても頼りない音だった。この家でオルガンを弾けるのは母だけなのだが、母はもう寝ているし、この時間帯に弾くほど非常識じゃない。オルガンの音を聞くのは久しぶりだし、この時間帯なので、少し怖かった。しばらく待ってもやめる気配がない。曲もループしているし、気になって勉強できないし眠ることもできない。仕方なく見に行くことにした。真っ暗なのは怖かったから、廊下や踊り場の電気を全部つけながら行った。「………!」リビングの電気はついていなかった。なのに、オルガンの音は聞こえる。さっきより、音が少し大きい気がする。母が弾いてるんだとしたら、どこか、頭がおかしくなってしまったのかも知れない。そうだとしても十分怖いが、(本当に、お母さんなのか)などと考えてしまい、恐怖でリビングのドアを開けられなかった。(常識的に考えれば、オルガンを弾いているのは家族の誰かなのだが、現状が不気味すぎた。)五分くらい固まって冷や汗を流していたら、突然、オルガンの音がやんだ。なんと言うか、静かになると逆に、めちゃくちゃ怖くて、なにかあればすぐにでも泣いてしまいそうで、体の中心に向かってものすごい圧力がかかったように感じた。しかしそれをキッカケに、はやくドアを開けないといけない気もした。静かな中に、にドアを開けるときの音が大きく響いて、かなりビビった。真っ暗では何も見えないので、電気をつけた。体は熱いのに、頭は、血が少ないのか寒くて、冷や汗が凄かった。オルガンの前に母はいなかった。誰もいなかった。こんなことが、次の日もあった。音がやんでからリビングに入ると誰もいないのだ。母に話しても、わからない、知らない、寝ぼけたんじゃないか、などとしか言われなかった。また次の日も、オルガンの音が鳴り出した。三回目でも相変わらず、というか三回目だけにかなり怖かったが、もう今回は音が聞こえるうちにリビングに入ると決めていた。二階から一階までをダッシュで駆け抜け、足がすくむ前にそのままリビングのドアを開けた。女の人がいた。ワンピースを着ていて、後頭部には髪の毛が生えていなかった。私は、驚きのあまり声も出ず、体も動かず、なのに汗だけは体のどこかが壊れてしまったように流れていた。女の人が振り返った。(この動作はとてもゆっくりで、多分十秒くらいかけて振り向いた。)暗い上に、結構距離があったので顔はよく見えなかったが、多分目に何かがびっしり刺さっていた。口は私よりかなりおおきかったと思う。顔もすごいが、それでも一番印象的だったのは、足がないことだった。それが、普通の人間を見慣れた私にとって、視覚的に圧倒的な違和感を与えた。女の人がいきなり絶叫した。動けない私は、泣いてしまった。踏み潰されたような声を出して泣いてしまった。女の人が絶叫している時間は無限にも感じられたが、実際は数秒だったのだろう。また突然叫ぶのをやめて、そのまま固まってしまった。女の人に背を向けるのは本当に怖かった。しかし、私はその瞬間に全力でリビングを飛び出し、玄関を駆け抜け、外に走り出した。家の中にはいられなかった。女の人がついてきていないのを確認して、そのまま朝まで外で過ごした。朝、家に女の人はいなかった。家族は何も知らないようだった。あのおぞましい絶叫も聞かなかったらしい。その一ヶ月後、私は交通事故にあった。自転車でバイクとぶつかった。下半身が、おそらく一生、動かなくなってしまった。またその二年後、母が新しいオルガンを買った。今度の新しいオルガンは、ベースの音もいい。母は楽しそうだった。私も一度だけ弾こうとしたが、やっぱり、ベースは弾けなかった。

この記事を書いたユーザー

青空マン このユーザーの他の記事を見る

青空マンです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • スポーツ
  • 社会問題
  • ライフハック
  • インターネット
  • 育児
  • 広告
  • ゲーム
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら