日本が世界からバッシングを受けているものの中に「捕鯨調査」があります。
バッシングを受ける理由に、個体数が少ないや殺し方がひどい、など様々あります。
しかし、日本では昔から鯨を取っていました。私もですが、みなさんの中に小中学校の給食で出たなんて人もいるかと思います。
日本の捕鯨活動により捕らえられた鯨は、体のほぼすべてが使われています。食用だったり油だったり・・・。しかし、海外まで含めて過去のデータを見ていると、「油」の身を目的としていた国もあるようです。たしかにこういった廃棄の面も出てくるなら、バッシングを受けて当然ですね。しかし日本はどうでしょう。先ほども言いましたが余すところなく使われています。そして、食文化にもなっています。このような中でバッシングを受けるとなんだか文化を否定されたような気にもなりますね。

今回は短いですがここで終わりです。
ちょっと感想を
私が調べた限りでは、どうも日本には非がないような感じがするのは私が日本人で日本に住んでいるからなのでしょうか。
ネットの情報は鵜呑みにはできませんよね。
これから捕鯨調査についてはさらに調べるつもりです。

この記事を書いたユーザー

レッドデータ このユーザーの他の記事を見る

こんにちは
私は春から大学生になります
動物が好きで、そのことの意見などえお記事にしていこうと思います
稚拙な表現も多々ありますがよろしくお願いします

得意ジャンル
  • 動物
  • 社会問題

権利侵害申告はこちら