※今回の記事は私の意見が多く含まれます

野生動物による農作物の被害は現在も拡大しています。
中でも、山付近はとても多いと聞きます。
しかし、なぜ農作物を荒らすようになったのでしょうか?

私が考えることは、人間による開拓で野生動物たちの生活環境が減少していることにあると考えています。見出し画像にもしている「段々畑」これは先祖の知恵で山を農地に変えたものです。非常に農業がやりやすく素晴らしい考えだと思います。しかし、このことは同時に動物たちの住処を奪ったことにはならないでしょうか?
また、農業だけではありません。いま着々とできている「団地」などもそうです。私は常に、どのような配慮が行われているのかと気になっています。

しかし、そこに住む人の生活もかかっているため私のような一般市民に、それを同行する権限などありません。
でも私なりに解決策というのを考えてみようと思います。

まず、考えなければならない条件には、野生動物と人との間にどちらにも、損がこれ以上ないようにしなければならないと考えました。
パッと思いつくのは、やはり人間が野生動物に対して行う対策なのではないでしょうか。
そして、最近いやだと思う対策は「電気ワイヤー」による対策です。近づくと危険ということはすぐにわかるものですが、あまりにも危険だと思いませんか?
まだ、その電気ワイヤーで命を落としたという動物は聞きませんがもしいたら非常に残念なことだと思います。

被害を受ける原因には少なからず私たち人間の責任もあります。「荒らす」という理由で危険な罠は仕掛けないでほしいものですね。

この記事を書いたユーザー

レッドデータ このユーザーの他の記事を見る

こんにちは
私は春から大学生になります
動物が好きで、そのことの意見などえお記事にしていこうと思います
稚拙な表現も多々ありますがよろしくお願いします

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物

権利侵害申告はこちら