ボン条約
正式には「移動性野生動物種の保全に関する条約」といいます。
この条約は1979年にドイツのボンという地域で締結されました。
この「ボン条約」というのはこの地名から来たものです。

実はこの条約には日本は非加盟なんです。
理由は日本の食文化でもある鯨も含まれています。そのほかには、海亀、サメなどもこの条約の対象となている動物です。
他の先進国は殆ど加盟しています。

ではなぜ渡り鳥を保全するのでしょうか?
それは、以前ラムサール条約でも紹介しましたが、渡り鳥のような水辺を住処にする鳥たちは、湿地において生態系の頂点にいる存在です。これらの鳥を保全することは、生態系のバランスを保つために非常な存在といえます。

これらのことからボン条約はとても重要なことだといえます。

この記事を書いたユーザー

レッドデータ このユーザーの他の記事を見る

こんにちは
私は春から大学生になります
動物が好きで、そのことの意見などえお記事にしていこうと思います
稚拙な表現も多々ありますがよろしくお願いします

得意ジャンル
  • 動物
  • 社会問題

権利侵害申告はこちら