記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
予定日間近になると、赤ちゃんがいつ生まれるのか、そわそわする妊婦さんも多いかと思います。陣痛が始まって、一定間隔になったら産院へ向かうよう指示されることが多いと思いますが、陣痛より先に破水することもよくあります。外出先や寝ている時に破水してしまったらどうすればよいのでしょうか?

今回は突然の破水に備えて準備すべきものや心構えについて、医師に聞いてみました。

一般的な出産の流れは?

一般的なお産の流れは、おしるしという、血液と子宮頸管の粘液が混ざったおりものが外に出てくるものがあり、それから数時間から数日以内に陣痛が始まって、だんだん子宮口が広がってから破水する、ということが多いです。

しかしお産には人それぞれの進み方があり、人によって流れも変わります。

そもそも“破水”とは?

赤ちゃんはお腹の中で、羊水の中にいます。その羊水を包んでいる膜が卵膜で、これが破れて、羊水が母体の外へでることを破水といいます。

陣痛が始まって子宮口が開いていき、そろそろ赤ちゃんが出てくるという時に破水することが多いのですが、陣痛前に破水が起こることも多く、これを「前期破水」といいます。前期破水は突然起こることが多く、外出先などで起こると戸惑うことも多いと思います。

“前期破水”はいつ起こる?

前期破水は、重い荷物を持ったり、胎動が激しかった時などに、卵膜が物理的な刺激を受けることで起こることもあれば、卵膜の炎症や高齢出産による影響で起こることもあります。量は人それぞれで、少量のこともあれば、布団などがびしゃびしゃになってしまうほどたくさんのこともあります。

少量だと妊娠中に起こりやすい尿漏れなどと区別がつきにくいこともあります。羊水は無臭~生臭いとされているので、アンモニア臭があれば尿と思って大丈夫です。また、妊娠中の尿漏れはお腹に力が入ったときに起こりますが、破水は力が入っていない時でも起こります。力が入っていない、寝ている最中などに起これば、破水の可能性が高いです。

破水が起こったら……

驚いてしまうと思いますが、まずは慌てないことが大切です。そして濡れてしまった下着を清潔なものに換え、夜用ナプキンやタオルをあてます。そして産院へ破水の状況を連絡し、指示を仰ぎます。外出する際は、産院への連絡先や母子手帳を携帯するようにしましょう。

前期破水では、早い段階で起こると赤ちゃんに感染させないよう入院治療になったり、週数が十分だとそのまま分娩になったりします。妊娠後期になったら早めにパジャマや下着など入院するためのセットをバッグにまとめて準備しておくとよいでしょう。

≪妊娠中、正しい生活できていますか?≫
妊娠中の生活でグッと安産に近づける!安産を目指すためのポイントは

【医師からのアドバイス】

産院へ向かう時には、続けて破水が起こる可能性もあるので、公共交通機関でなく、他の人が運転する車かタクシーなどを使いましょう。座る時は濡れないように、バスタオルやビニルシートなどを下に敷くといいですね。いつ起こるか分からない破水に対応できるよう、事前にしっかり準備しておくことをお勧めします。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス