●東京マラソンはもう目前に!

 いよいよ今週末に迫ってきた東京マラソン!フルマラソン・10km併せて約37,000人が都心を走るもはや恒例の一大イベントです。
 そんな東京マラソンは新宿をスタートし、東京タワー、品川、銀座、浅草、築地などを通って東京ビッグサイトがゴール地点ということで、とにかく東京のど真ん中をコースと定めています。そのため、交通規制も大規模(警視庁のみなさま、頑張ってください!)。車でお出かけの方などは、規制時間に注意したいですね。

 都心の交通規制にはやはり限界があり、実際の参加ランナーにとって1番の敵はいわゆる「関門」。おおよそ5km地点毎に設置されている関門にはそれぞれ締切タイムが決められており、そのタイムを超えてしまうとそれ以降のレースに参加できません。昨年度の東京マラソンは完走率96.3%。高い数字に見えるかもしれませんが、裏を返せば3.7%、1,261人ものランナーが、コース上に設けられた7か所の収容関門を通過できずにリタイアしています。

●今年こそ完走率100%!ということで秘密兵器登場!

 せっかく走るのであれば、参加者の全員で完走して達成感を味わいたいですよね!そこで立ち上がったのが、本大会のオフィシャルタイマーを務めるセイコー。セイコーは大会前・大会中・大会後で「市民ランナー応援プロジェクト」を実施しています。
 完走率100%のために今大会登場するのが「完走サポートランナー」!5人で構成される彼らは、いわば動く関門。各関門の制限時間をギリギリ通過するペースで走ることで、制限時間7時間で完走を目指すランナー目印となります。つまり、彼らより前を走れば完走できるペースというわけ。リアルタイムに見える関門となり、“フィニッシュまでのペース配分をどうしたら良いか心配”、“とにかく完走したい!”など、完走への不安と期待の気持ちでいっぱいのランナーにとってのサポートとなるため、立ち上がりました。安心してください、(抜かされなければ)完走できますよ!

出典 https://prw.kyodonews.jp

完走サポートランナーの佇まい。頭の風船が目印です。

●とはいえ準備は大切。いまからでもできること!

 彼らの前を走り続ければ完走!と、非常にシンプルな目印ができたことはランナーにとっても嬉しい取り組み。とはいえ、気持ちだけではどうにもならないことも確かです。
 今日から当日に備え、いまからでもできる準備とはなにか?ということで今回、完走サポートランナーの一員を務める、内山雅博走運動研究所代表の内山雅博先生が話す、ビギナーランナーが完走するための秘訣をいくつかご紹介!要チェック!

①3種の神器をそろえる

 ウェア・ウォッチ・シューズは必須!シューズは新しいものを購入するにしても、日常のトレーニングで使われていたものを買い換えるのがベスト。最適なウエアは当日の天候によって変わるので前日の天気予報を参考にいくつかのバリエーションを用意しましょう!ランニングウオッチも重要。完走したかったら、スタート・ストップ・ラップ・スプリットタイムの取り方は事前にマスターだ!

②炭水化物を取る

 これは意外と重要。走るうえで消費されていくエネルギー源となるので、2~3日前からしっかり摂りましょう!

③スタート前はしっかりウォーミングアップ、スタートしても慌てない

 これは当たり前ですが、ウォーミングアップは欠かさずに。体操をしたりピョンピョン飛んだり体を冷やさないようにすることがなにより大切とのこと。
 スタートしても、スタートラインを越えるまでに時間がかかるので、慌てずに流れにのって前に進むこと。これがウォーミングアップの代わりになります!そして間違えないようにするのがスタートラインを越えたところでランニングウオッチのスタートボタンを押すこと。7時間からスタートラインを越えるまでの時間を引いた時間、それが目安です!それでも間違えてしまうことだってありますよね?そんな時は「完走サポートランナー」を見て関門タイムを把握しましょう!

④走行中も計画的にストレッチ

 走り始めると、体もあたたまってきて、特に序盤はどんどん走ってしまいがち。でもオーバーペースや脚の痛みなどから、20kmを過ぎると立ち止まるランナーが散見されるみたい。脚に痛みを覚えてからでは手遅れになってしまうので、5kmごとに太ももやふくらはぎを中心に、計画的にストレッチを取り入れましょう!また、「スッスッ・ハッハッ」のリズムの呼吸を心がければオーバ-スピードになることはないんだって!無理せず計画的に走りましょうね。

⑤沿道の声援を力に!

 30kmを過ぎても沿道の応援はもちろんなくなりません!是非、応援の声をエネルギーに変えて、みんなでゴールしましょう!

●走る人も応援する人も、みんなで東京マラソンを成功させよう!

 42.195km走るというのはやっぱり過酷なもの。ランナーのみなさん、特に初参加の方々は、無理をせず完走を目標に頑張りましょう!「完走サポートランナー」は、セイコーカラ―の黄色いウェアと、頭の風船が目印です!
 出場しないみなさんも、もし近くをランナーが通りかかったら、大きな声で応援しましょう!今年も東京マラソンが大成功で終わりますように!!

この記事を書いたユーザー

asiaman このユーザーの他の記事を見る

ネットニュースなどを中心にライターとして活動中。プラチナライターとして記事を執筆させていただいております。もしよければほかの記事もご覧ください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス