福島県南会津にある『大内宿』

重要伝統的建造物群保存地区に選ばれました

江戸時代の町並みを今に残す宿場「大内宿」。「下野街道と呼ばれた会津と日光を結ぶ街道の両脇には、茅葺き屋根の民家が並び、江戸へ向かう大名や旅人の宿駅として重要な役割を果たしていました。30軒以上の茅葺き屋根の民家が並ぶ様子は極めて珍しく、現在も100万人以上の観光客が訪れ賑わいを見せています。

出典 http://www.aizu-concierge.com

oouchijuku080306_005
by yamakidoms

大内宿でしか食べられない郷土料理スイーツなどがいっぱいあります。
家の軒先では、会津木綿会津本郷焼などの陶磁器竹細工などの工芸品が並んでいます。
お土産におすすめのお菓子・昔懐かしい漬物や、夏には野菜も並びます。

下郷町 町並み展示館

江戸時代には大内宿の本陣となっていた、大内宿の集落のほぼ中央の跡地にある茅葺きの建物。当時の風習を伝える写真や生活用具が展示されています。

出典 http://www.aizu-concierge.com

高倉神社

第77代後白河天皇の第三皇子・以仁王(高倉宮)が治承4年(1180年)5月、平家追討に失敗してこの地に落ち延び、大内宿で潜行の際に草鞋を脱いだといわれています。高倉神社はこの高倉宮似仁王をお祀りした神社であり、「 大内」という地名も高倉宮似仁王より賜ったと言い伝えられています。
大内宿の集落から大きな鳥居をくぐり、のどかな田園風景のなかを数分歩きます。こんもりとした森の中 に高倉神社があり、にぎやかな大内宿とはうってかわった静謐な空気が心地よい空間です。

出典 http://www.aizu-concierge.com

大内宿で食べたいもの

大内宿の代表的グルメ『ねぎそば』

20100212-20100214_Fukushima_026
by TAKA@P.P.R.S

この「ねぎそば」はネギをお箸がわりに使って食べます。
ネギは食べやすいように、あらかじめ曲げて作られているそうですよ。
もちろんネギも食べれます。

郷土料理『しんごろう』

だんご : dango
by y_katsuuu

『しんごろう』という名前の由来は、この料理を初めて作った人の名前が新五郎さんだからだそうです。

しんごろうとは、福島県南会津郡南会津町と下郷町に伝わる郷土料理。
うるち米を半つきにして竹串に刺し、味噌にすりつぶしたエゴマなどを混ぜ合わせたじゅうねん味噌を塗って炭火で焼いたもの。

出典 https://ja.wikipedia.org

エゴマは会津地方の名産品です。

大内宿の夏

夏から秋にかけては植物など、豊かな自然の風景も楽しめます。

いかがでしたでしょうか

郷愁を誘う雰囲気のなか、グルメやショッピングも楽しめます。
冬でも『大内宿雪まつり』で花火大会があり訪れる人も多いです。
一年中季節を通して楽しめるおすすめのスポットです。

この記事を書いたユーザー

ALICE このユーザーの他の記事を見る

東京でクリエイターをしています。最近は主にデジタルコンテンツの制作をしています。
アート、デザイン、音楽、ファッションなどが大好きです。
たくさんの人たちが楽しめるような情報を中心に発信したいと思います。
よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • インターネット
  • おでかけ
  • 広告
  • 料理
  • テレビ
  • カルチャー
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら