「ミニマリスト」という言葉をご存知ですか?

持ち物を自分に必要な最小限に減らし生活する人のこと。最小限主義者。本来は、装飾的要素を最小限にし簡素な様式を用いた芸術家のこと、または政治において最小限度の要求を掲げる一派(最小限綱領派)のことをいう。最小限の物のみで生活するミニマリストとしては、2012年にネット上で紹介された、パンツと靴下を除いて15個の物しか所有していないアンドリューハイドが有名。日本では、15年6月に『ぼくたちに、もうモノは必要ない。-断捨離からミニマリストへ』(佐々木典士著、ワニブックス)が刊行され、文明社会における新たな生活様式として注目されている。

出典(出展:知恵蔵mini)

つまり、最小限のものしか持たずに暮らすというライフスタイルを選ぶ人のこと。
24時間365日、望めば何でも手に入るこの時代に、ミニマリストという生き方を選ぶ人が増えています。

なぜ敢えて今、ミニマリズムが支持されるのか?
ここでは、ミニマリストになる3つのメリットをご紹介します。

支出が減る

元々そんなにモノを持っていない人以外は、ミニマリストになるにはまずは断捨離をする必要があります。
すると、ものを買うときは
・必要に迫られている
・その時の「欲しい気持ち」に負ける
大きく分けてこの2種類が購入の動機となっていることがわかります。

おそらく後者を動機として買ったものが、処分の対象となる場合が多くなると思います。
それを自覚することで、モノを買うことに対してとても慎重になり、よく吟味して買おうとするため買い物の機会が減ります。

つまりそれは、支出自体が減るということ。

自分の価値観が育つ


by yoppy

ミニマリストは必要最小限のモノを持とうとします。
慎重に吟味してモノを選ぶため、自分がいちばん気に入ったものを選ぶ=必然的に値段にこだわらなくなります。
(人によっては、100円ショップで買ったものを長く愛用することもあるようですが)
そうすると、今まで多くのモノに埋もれて見えなかった、自分がモノを選ぶ基準をはっきりと認識することができるようになっていきます。

つまり、自分が本当は一番何を大切だと思っているか、自分の価値観が育っていくのです。

人生が豊かになる

無駄なモノを持たないようになると、無駄な時間を過ごすことも避けるようになります。
これも不思議なことに、テレビを見なくなる人が多いようです。

また、今までダラダラとインターネットやSNSに費やしていた時間を勿体無いと感じ、
その時間を英語の勉強や読書、大切な人とのコミュニケーションなどに充てたいと思うようになったりもします。

つまり、自分にとってテレビやインターネットよりも大切なモノが何か、わかるようになるということ。

おわりに

人生は短い。とはよく言いますが、限られた自分の時間やお金の使い方が今のままで本当に良いのか、考えてみる価値はあるのではないでしょうか。

Life is short.
さあ、思い立ったら早めの行動を!

この記事を書いたユーザー

嘉陽田ヨーダ このユーザーの他の記事を見る

買い物大好き→ミニマリストを目指す兼業ライターです。音楽フェス/洋楽/海外ドラマ/コーヒー/ファッション/インテリアなどの情報を紹介していきます。最近は古事記に傾倒しています。ちなみにスターウォーズは一度も観たことがありません。
ブログ→http://thisisyourlife.hateblo.jp/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 音楽
  • マネー
  • 広告
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション

権利侵害申告はこちら