メイプル超合金って一体何者?

出典 http://natalie.mu

メイプル超合金とは、巨体でツッコミ担当の安藤なつさんと、金髪でボケ担当のカズレーサーさんのお笑いコンビです。
昨年M-1グランプリにて決勝に進出したことから話題になっており、今年はブレイク必須と言われています。

どちらも異色の経歴の持ち主で話題に

メイプル超合金の巨体の女性・安藤なつは、体重130kg、服のサイズは8Lというまさに女子プロレスラー並み。
実際に、【優香。】というリングネームで西口プロレスに所属していた時期がある。

また、テレビドラマ版『DEATH NOTE』(日本テレビ系)への出演や、『ナンシー関のいた17年』(NHK BSプレミアム)では消しゴムアーティスト・ナンシー関本人を演じるなど、女優としての一面も持っている。

一方のマッチョな男・カズレーザーは、同志社大学卒業のインテリで、全身真っ赤な服装は寺沢武一氏の名作漫画『コブラ』を意識してのことだとか。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

なんと、安藤なつさんは女子プロレスラーとして活躍していた時代がありました。
ちなみにプロレスラーになったのも「ノリ」でなっちゃったというから驚きです。

また、カズレーサーさんも安藤なつさんもお互いコンビを組む前は別の人とコンビを組んでいたそうです。

メイプル超合金は結成して僅か3年。しかし、既にM-1で決勝に進出するなど実力派漫才師として人気が高まってきています。

よく、南海キャンディーズと比べられるが・・?

また、よく比べられるのが南海キャンディーズの二人。
静ちゃんと安藤なつさんが共に女子プロ経験者という所は同じかもしれませんが、
漫才のスタイルは全く違います。

南海キャンディーズは、しずちゃんが自由奔放にボケまくり山ちゃんが鋭くツッコミ続けるというスタンスでした。
しかし、メイプル超合金はカズレーサーさんが自由奔放で安藤なつさんはカズレーサーさんのボケに動じずに淡々とツッコミを入れるスタイルです。

何故か、安藤なつさんのタトゥーがネットで話題になっている

出典 https://mobile.twitter.com

ダウンタウンの番組にて、メイプル超合金の安藤なつさんのタトゥーが写ってしまい「これは放送事故じゃないか?」とネット上で話題になりました。
どうやら、プロレスラー時代からあるタトゥーだそうです。

また、カズレーサーさんがバイセクシャルという事でも話題に

出典 http://saract.com

また、カズレーサーさんが実はバイセクシャルであるという事が話題になっています。
「もし襲われたらどうしよう・・」と心配する芸人仲間も、数人いたとか・・・。

また、カズレーサーさんが「よく見たらイケメンなんじゃないか?」という事にも注目が集まってきています。しかし、イケメンでもバイセクシャルだったら意味がないような気もしますね。

二人のヒットの秘訣は、「ゆるいスタンス」と「正統派漫才」と「強烈な見た目」のギャップ

出典 YouTube

メイプル超合金が注目を浴びる秘訣は、「見た目の強烈なインパクト」と「正統派漫才」のギャップですね。また、インタビューやトークをすると若手芸人にありがちな必死さが全くないので落ち着いて見る事が出来るという利点があります。

二人のインタビューは、あくまでも緩く、謙虚。そんな二人だからこそ愛されるのかもしれない。

カズレーザー: 「僕らとしてはこの3年で変えた意識はまったくないんですけど、ここ最近は運が向いてきている気がするんです。

いつも通りネタをやっているつもりなのに、起きる笑いの量が増えてきた感じがする。時代が追いついたっていうか、時代が失速して、僕らに重なってきたイメージですかね。だってナイツさんとか100%優勝すると思ってたんですよ! 
純粋な漫才の力でナイツさんに勝てるコンビはいないと思う。

ひょっとして今世間がうまい漫才をある程度見てきて、ちょっと変なものを見てみようかっていう気分になってきたんじゃないでしょうか(笑)」

安藤: 「スタートラインにやっと立てるかって感じです。
私は以前ぷち観音というコンビで活動していたんですけど、それが解散しちゃって、お笑いやめようかなってときにカズちゃんに"ぶつかり稽古"で来られて......。
もともと彼は事務所の後輩なんですけど、共演したライブで、私が相撲でいろんな人をなぎ倒していくっていう流れだったのに、それを完全に無視してぶん投げてきたんです」

出典 http://trendnews.yahoo.co.jp

インタビューを受けても、あくまで謙虚でユルいスタンス。
優勝する為にM-1に参加したのかと思いきや「ナイツさんに勝てる人はいない」とライバルを褒めちゃうスタンス。実力派なのに、あくまで「運」のおかげと感謝する。

そんな二人のスタイルは、幾度かの失敗を経てコンビを組んだからこそなのかもしれません。

また、彼らの芸風はカズレーサーさんが自由奔放にボケまくり、安藤なつさんがそのボケに動じずにツッコミ続けるという不思議な笑いのコンストラストが面白いと言われています。

これからも、メイプル超合金の笑いから目が離せませんね!

この記事を書いたユーザー

多良はじき このユーザーの他の記事を見る

ブログでは10年に渡る婚活記事や、小説などを書いてきました。
街コンサイトでコラムライターを連載中です。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら