黒と緑の対比が美しいホロウ・マウンテン

出典:柚月 穣

オーストラリア、ビクトリア州のグランビオンズ地区にあるホロウ山(Hollow Mountain)にアボリジニのロックアート(Gulgurn Manja)を見に行ってきました。

ホロウ山の駐車場を降りると、2つの遊歩道がありました。
まず、40分ほどで往復できるというGulgurn Manjaへの道へ。

2006年にあったブッシュファイアー(山火事)で燃えてしまったため、木の幹が黒く焦げていて、その黒い幹から緑の葉が生い茂っている様子が神秘的かつ生命の強さを象徴していて感動的だった。
歩きはじめてもう一つ気がついた事は、土がサラサラでまるで砂浜のよう。Wikipediaによると、このグランピオン山脈全体が砂岩で成り立っているらしい。そういえば生えている草もなんだか砂浜に生えている草のように見える。
なんだか山と海が一体になったような雰囲気に、ホリデーに来たというリラックス感満天!

アボリジニの残した手形 Gulgurn Manja

出典: 柚月 穣

よく調べもせずに見に行ったロックアートは、大昔に子供のアボリジニが残した手の跡。金網が張ってあって中には無数の手の跡を見る事ができた。

ホロウ・マウンテン頂上へ!

出典:柚月 穣

最初の遊歩道は40分もかからなかったので、もう一つの方も行ってみました。
途中でロッククライミング専用の道もあったのだけれども、今回は普通の道へ。

こちらは、先ほどより少しハード。途中まではゆったりとした道が続くものの、突然岩場が現れてちょっと緊張の場面も。

途中、岩をよじ登るのが怖くて一度ギブアップしたものの、履いていたロングスカートを捲り上げ、気合を入れ直して再度トライ!なんとか、よじ登ることができ、岩山を急ぎ足で頂上まで。岩場を走る自分ともののけ姫が一瞬頭の中でオーバーラップしました。

頂上から見渡す景色は、写真じゃよくみえないけど、やっぱり黒と緑の対比が美しく、他ではなかなか見れない素敵な風景でした。

出典:柚月 穣

オーストラリアのメルボルンから車で4時間弱。近くのホールスギャップという町ではミュージックフェスティバルも開催されているので、チャンスがあったらぜひ行ってみたいお勧めの場所です♪

この記事を書いたユーザー

柚月 穣 このユーザーの他の記事を見る

オーストラリア、メルボルン在住。普段はローカルの会社でプログラマーやっています

得意ジャンル
  • 音楽
  • 動物
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら