バラエティー番組で大活躍の漫画家、蛭子能収さんといえば日本ではお馴染みの顔ですよね。あの蛭子さんのほんわかした喋り方と雰囲気に癒されるという人も多いのではないでしょうか。

ちょっと抜けていて(失礼)お茶目な蛭子さんというイメージがあまりにも強いために、今回は驚いてしまった筆者。だってあの蛭子さんが、任侠映画の主役に抜擢されたんですって⁉

長編映画初主演「任侠野郎」の蛭子さん

出典 http://ninkyo-yaro.com

え、ちょっと蛭子さん、いったいどうしちゃったの…と困惑する人もいるようですが、確かにあの蛭子さんが「任侠野郎」に出演だなんて。しかも今回、初の長編映画主演ということでなんともおめでたい話。

しかも、映画と同名の挿入歌も蛭子さんが歌うというからには、もう観ないわけにはいかないですよね。この映画を観に日本に帰りたい心境の筆者。主役の蛭子さんの脇を固めるのは柳楽優弥さん、ドリントル玲奈さん、安田顕さんなどだそうです。

制作記者会見での蛭子さん

出典 http://eiga.com

美しい女性に挟まれたいつもの蛭子さんのニタッとした笑顔からは、任侠映画を演じるなんて想像もつかないですよね。今回の映画監督である徳永清孝さんは「世界一受けたい授業」などのバラエティ番組の演出を手掛ける人物。そんな彼が「カッコいい蛭子さんを撮ろう」というコンセプトで脚本家の福田雄一氏と作り上げた期待作品というからにはやはり見逃せない⁉

今回の映画主演に対して、蛭子さんはこのようにコメントしています。

今日は、蛭子能収です。このたび初めて映画の主役をやらせていただいて一応撮影は無事に終了しました。元若頭が現在はクレープ屋を経営しているという設定で、でも義理が絡んで悪いヤクザの組織へ殴り込みをかけ次々とやっつけてゆくという話です。高倉健さんみたいな役ですが、自分でうまくできたとは思っていません。温かい目で「どんな映画になってるんだ?」と疑問に思いつつも映画を観に来て頂けたら、ありがたいです。よろしくお願い致します。

出典 http://www.billboard-japan.com

あ、蛭子さん、故高倉健さんをちょっと意識したんですね(笑)。今は亡き昭和の大スター、高倉健さんのようなキレのあるお芝居かどうかはさておき、公式サイトのポーズはなかなかキマっている蛭子さん。本気の蛭子さんが見られるということで、6月4日の公開を楽しみにしている人がきっとたくさんいることでしょう!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス