視力を回復させたい。

Licensed by gettyimages ®

メガネやコンタクトレンズの発展のお陰で、近年では視力低下をしても、多くの方が問題なく日常生活をしていらっしゃいます。一方で、メガネやコンタクトレンズのわずらわしさに悩まされている人が多いのも事実です。今日は、メガネやコンタクトレンズなしで生活ができるようになると言われている、レーシックの注意点をご紹介します。

角膜屈折矯正手術の一種で、目の角膜を切開してふた(フラップ)を作り、それをめくってレーザーを照射し屈折率を調節することで、視力の回復を図る方法のこと。近視・乱視の矯正とともに、遠視矯正のレーシックも行われるようになってきている

出典 https://kotobank.jp

レーシックはレーザー照射で行う手術です。術後、その日のうちに視力が回復したことを実感できる方が多いことでしょう。ですが、すべての方がレーシックを受けられるわけではありません。レーシックの効果が出づらい方、向いていない方などをご紹介します。

レーシックの手術は、18歳以上から。

Licensed by gettyimages ®

レーシックの手術には年齢制限があります。このような理由がありますので、「視力が下がっているから手術がしたい」という場合も、18歳になるまでは待つことが望ましいでしょう。

レーシック手術には年齢制限があり、18歳以下では受けることが出来ません。これから受験だからとか、勉強をよくできるようにするためにレーシック手術を受けたいと願う人は多いようですが、してはならないのです。なぜならば18歳までは成長の可能性がある成長期です。成長期に成長するのは身長や体格だけではありません。

角膜を含めた眼球も大きくなります。せっかく治療を受けたのに、成長したことによって歪みが出てしまうということも起こるのです。それでは視力回復どころか視力低下に繋がってしまう可能性が高くなってしまいます。よって身体が成長しきる18歳以上が最低ラインと定められています。

出典 http://www.pythonthreads.com

また、10代のうちは近視が進行しやすいと言われています。手術そのものは18歳からですが、どうしても気になるという方は医療機関で相談をしてみてはいかがでしょうか。

妊娠中・授乳中の手術は、慎重に。

Licensed by gettyimages ®

目の手術だから大丈夫という方もいらっしゃるかもしれませんが、手術には変わりありません。妊娠中・授乳中の手術に関しては医療機関により見解が異なっているようですが、慎重に判断をしましょう。

眼の手術だから胎児には関係ないのではないか、全身麻酔でもないのになどという考えはいけません。確かに手術自体に問題はないかもしれません。しかしレーシック手術はその後が肝心なのです。眼にレーザーというメスを入れたことにより感染症を起こさない様に薬を使います。

その薬が胎児に影響を与える可能性があります。妊娠したらまともに薬も飲めないというのに、強い感染予防の薬などどんな影響を与えるのかなど未知数といってもいいでしょう。また妊娠中だけではなく、授乳中もレーシック手術はしてはいけないと言われており、レーシック手術を受けた後では最低でも3ヵ月は妊娠することを避けるようにも言われるそうです。

出典 http://www.pythonthreads.com

医療機関によって様々な見解があるようですが、このような意見があることは知っておいたほうが良いでしょう。

術前のコンタクトレンズの使用は、控えましょう。

Licensed by gettyimages ®

レーシック手術を成功させるために、重要なことの一つが「術前の一定期間のコンタクトレンズの使用を中止すること」です。

レーシックを受ける前に適応検査を受けます。その検査を受ける前にコンタクトレンズを入れて過ごしている人は眼鏡にしてください。最低でもソフトコンタクトならば1週間前に、ハードコンタクトレンズならば2週間前から使用するのを中止してください。

コンタクトレンズを使用したままですと角膜にコンタクトレンズの影響がでてしまい、正確なデーターが測れなくなってしまいます。適応検査を受けてから1ヵ月が過ぎると角膜が再び変化を起こしてしまうために再検査をしてレーシック手術に臨むというほどにとても繊細な作業が必要になります。

出典 http://www.pythonthreads.com

普段、コンタクトレンズを使用している方は、この期間をメガネか裸眼で過ごすため、日常生活に不便が生じるかもしれませんが、手術を成功させるために非常に大切なことです。

レーシック手術に向かない症状をお持ちの方。

Licensed by gettyimages ®

このような眼の症状がある方は、手術を受けられない場合があります。

近視や乱視があまりにも強い人は受けられませんが他にも、白内障、緑内障、網膜疾患、角膜ヘルペスなど眼の病気にかかっている人も手術を受けることができません。また眼の病気でなくても、糖尿病や膠原病などの患者さんもその条件に合致することがあります。

出典 http://www.sonatarestaurant.com

医療機関によって手術が受けられるかどうかのボーダーラインは少しずつ異なります。ぜひ納得がいくまで様々な場所で診察を受けてみると良いでしょう。

クリアな視界を手に入れるために…。

Licensed by gettyimages ®

レーシック手術は、視力低下に悩む多くの方を救う手術ですが、やはり最低限のリスクやルールを知っておきたいもの。手術を検討されている方は、こちらの注意事項を参考の上、信頼できるクリニックで診察・治療を受けてくださいね。

この記事を書いたユーザー

Asuka Yamamoto このユーザーの他の記事を見る

ビューティブロガー。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら