学校教師・浜岡(篠田光亮)の死亡事故が発生した。
来宮渚(堀北真希)ら捜査第7係(ヒガンバナ)は交際していた教え子のひなた(川島鈴遥)に容疑をかける。

しかし浜岡の車を運転していたのは中年の男性ということが分かり、別れたひなたの父親・立石(蛍雪次朗)が関わっていると睨む。そして取り調べをはじめると、立石はひなたをかばい、遺体を運んだことを語りはじめる。

そんな立石を見ていた伊東凛(高梨臨)は、
「なんでそんなことを。余計に娘を追いつけるだけなのに。」と憤る。
それに対し、柳幸子(YOU)がこう言った。

親なんてそんなもんだよ。子どものためだと思えば、何だってしてやりたいと思う。どんなバカげたことでもね。

(柳幸子「ヒガンバナ」第7話より)

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス