周囲からは模範的な楽しい家族に見えても、
実際には崩壊目前の家族ではないとは言い切れません。

傍目からは誰からも羨ましがられている
理想の恋人同士でも、
実際には相性が悪くいつ
別れてもいい状況ではないと言い切れません。
人は誰しも自分に仮面と隠れ家をもっています。

いざ結婚して共同生活をするとなると、
相手のイビキ、おなら、生理的状況、
信条、経済観念、育ち、共有感、隠し事なし、
など観たくもないものまで、
観なければならなくなります。
恋人時代はスッピンが分からず、
結婚後は正体がわかり幻滅したとかならないように。
そういう覚悟があるからこそ一緒になられるわけで。
家庭に縛られると男性も女性もかならず
ストレスが発生します。
それでどこかに自分のオアシスを求めるようになります。
自分だけの隠れ家とでもいいましょうか。

それはほんと大事なことです。
ありきたりですが・・・。


この記事を書いたユーザー

kandy このユーザーの他の記事を見る

時代の潮流を適確にフォーカスし検証します。youTube動画小説向上委員会(7人)。創作小説、コラム、エッセーなどを動画やブログ・メールマガジンで発進中です。仁科広嗣・山本真理亜・澤田由希・倉本貴子・Tom crisis・matia estrogen

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 音楽
  • スポーツ
  • 社会問題
  • インターネット
  • 広告
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら