電車内で荒れる男に手を伸ばすおばあさん

出典 http://www.today.com

荒れていた男も、手を握られて落ち着いた様子。

バンクーバーのスカイトレイン。
ひとりの大男が車内で罵り、大声をあげていた。周りの乗客たちは恐れ、この男はドラッグ依存か精神疾患だろうと思っていた。


皆が彼を避ける中、10代の若者グループは彼のことをあざけ笑った。その時ーー
70歳の女性が「やめなさい」と若者たちを一喝。そして、この大男に手を伸ばした。そして、彼の手をしっかり強く握ったのだ。
大男は、床に座ると、彼女の隣で目に涙を浮かべた。20分ほど、2人は黙って手を握りあっていた。

 
彼は駅に着き、降りる前に彼女の手を放して言った。
「ありがとうおばあさん」

その後、なぜ手を握ったのか、別の乗客が彼女に聞くと、彼女は言った。
「彼は、手を握ってくれる人を探していたように見えたの。一人ぼっちだなんて、思ってほしくなかったのよ。私にも2人息子がいるわ。息子たちが同じ状況になった時、誰かが同じように手を差し伸べてくれたらうれしいわ。」
さらに彼女は言う。「変わった人がいたからといって、恐れたり非難してはいけないわ。皆が平等に幸せな人生を送っているわけではないのよ。」

ただその人にそっと触れるだけ、、、、その力のなんと大きいことか。。。
彼は、彼女の手によって、どれだけ救われたことだろうか。人生をも、変えたかもしれない。。

シンプルな行為だが、他人との距離が大きくなっているこの社会では、同じことをするのは難しく感じられるかもしれない。
だが、ひとりひとりがそれをできたら、、救われる人も確実に増えるのだ。


この記事を書いたユーザー

りょうこ このユーザーの他の記事を見る

翻訳者で英語コーチ、一児の母。海外ドラマ、ドキュメンタリーを中心に字幕・吹き替え翻訳、英語コーチングを主に行っています。翻訳を通して知った、再確認した英語表現などをアメブロhttp://ameblo.jp/tomokichi706/  に掲載中。趣味はジムでのエクササイズと、海外メディアの読み漁り。多忙な毎日、ドライな社会でも、希望を持てて感動できる記事をお届けします。

得意ジャンル
  • 育児
  • 料理
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • 感動
  • キャリア
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス