出典 https://doctors-me.com

記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
よく「二人目のお産だからラクだよ」などと言われることがありますね。一人目のときは妊娠も出産も初めてなので、日々自分の体が変化していき、「お腹の中の赤ちゃんは元気かな?」「出産って大変なのかな?」といろいろ不安に感じるものです。

いっぽう二人目以降の出産では、一度経験していることなので、妊娠・出産に関する予備知識もあり、精神的に楽になる、というのがひとつの理由です。

医学的にも、ラクに感じる理由があった!

赤ちゃんが母体の外に出るために通ってくる子宮口や産道は、一度広がると、その後も開きやすくなります。ゆえに、一般的に経産婦さんはお産が早く進みやすく、初産のときより分娩時間が短くなることが多いのです。

個人差はありますが、陣痛から分娩までの時間は、初産婦さんでは平均11~15時間、経産婦さんは平均6~8時間程度。そのため、初産婦さんでは陣痛が10分間隔になったら病院に連絡しますが、経産婦さんでは陣痛が15分間隔になったら、連絡するように指導されることが多いです。

二人目以降は予定日よりも早く生まれる!?

また、一般的には、「二人目以降は予定日より早く産まれやすい」とも言われます。確かにそういう傾向はあるのですが、陣痛の始まりは、お母さんの体調や精神状態、赤ちゃんの育ち具合などさまざまな要素が関わってくるため、一概に「経産婦は予定日より早く産まれる」とは考えないほうがよいでしょう。

一人目でも、予定日より早く生まれる赤ちゃんもいます。お産の始まり方も、一人目と二人目とでは同じというわけではありません。おしるし(産徴)で始まることもあれば、破水で始まることもあります。

こんな時こそ、家族のサポートは必須かも!?

「二人目のお産がラク」とはいえ、一人目のお子さんの子育てをしながらの妊娠・出産は大変なものです。上のお子さんが赤ちゃんにやきもちを焼いて赤ちゃん返りしまうこともあり、「双子を育てているようだ」と言うお母さんもいるくらいです。ご家族や周囲の方々のサポートを得ながら、無理せず出産を迎えるとよいでしょう。

≪あなたはどのくらい「安産体質」なのでしょうか?≫
安産かどうかは予想できる!自分の安産度を調べてみるには






Doctors Me編集部おすすめコラム】

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス